大森町水族館

小さな観賞魚店の入荷情報発信と生体管理記録
エキスパンサのお尻
昨夜はエサの買出しに行きました。ここ2週間、仕事が目の廻る忙しさだったのでエサ買いも10日ぶりになってしまいました。人工飼料でつないだとはいえ、みんな超空腹状態(^^;
店にはいつも同様これといった新入荷もなし。前から在庫されてるアハイアグランディが絶好調になってましたが、値段的にもかねだいに新入荷した個体のほうがいいな。あっちは尻尾もあるし。そしてエサを買って店長と軽い談笑の後すぐ家路に。
帰宅後、エキスパンサ水槽にエサ投入。小赤100・スジエビ100・小ドジョウ20です。今回ザリガニは辞めました。何回か続けて購入しましたがすぐ死んでロスが大きいのと、安くなる単位(50)で買うとうちでは消費し切れません。死ぬと異常に臭いし・・(^^; エキパンは相変わらず凄い勢いでエサに襲いかかっていきます。今朝見たら小赤が20匹弱、エビが数える程度残っているだけ、ドジョウも逃げ延びた4,5匹がポンプの下に隠れてるだけ。今日の帰宅後には全て平らげているでしょう。これで例えば明日水換え、あさって再びエサ買いなんていうパターンをず~っと続けたら異常に成長するでしょうね~。皆さんはどんな給餌・水換えパターンで飼われてますか?
ということで昨日のエサやり前、撮影した臀部等の画像です。けろきさん雌雄判定お願いします(^^)このサイズじゃまだ無理かな・・。
f0009758_9325978.jpg

f0009758_934426.jpg

f0009758_9342076.jpg

f0009758_9343657.jpg

# by taro460616 | 2006-10-03 09:34 | 爬虫類 | Trackback
続・アネク
先日導入したP.アネクテンスです。管理のしやすさを優先しベアタンクで飼育していましたが、やはり色が飛びます・・。店にいた時は焦げ茶の濃い体色で完全に色を出し切っていたのですが、我が家では腑抜けたグレーになってきてました。ベアはダメか・・ということで大磯ひいてみました。結果、目論見どおり色が上がりました。地色が濃くなり、薄れてた細かい斑も復活してきました。今後さらにニシキヘビのようになることを期待してます。砂を入れてからたった数時間でこの効果です。観賞魚ですし、せっかく綺麗な個体を手にしたのでいい体色を見たいですから(^^)
f0009758_9254713.jpg

f0009758_926477.jpg

# by taro460616 | 2006-09-17 09:26 | 熱帯魚 | Trackback
ジャパンレプタイルズショー
来週末23、24日は静岡県にあるツインメッセという催事場で爬虫類の催し物が開催されます。
年1回行われているこの催し、第1回の時に行きましたが、それから数年振りの参加です。
行きつけの爬虫類ショップも出店するし、遠方でなかなか行けないけど行ってみたいお店も出るのでいい機会です。私は土曜日に行く予定です。どなたか行く方がいらっしゃれば一緒に見て廻りませんか~w
# by taro460616 | 2006-09-14 10:46 | 爬虫類 | Trackback
カレイ&ゴス
昨夜、水換えをしながら何気に撮った画像をご紹介。今年1月に載せた淡水カレイです。
相変わらずbicudaさんとこから来たゴスリニアと同居してます。購入時、泣き尺(30cmに少し届かない)だったんですが、昨日計測したらなんと!32センチになってました。嬉し~!
まずは第1関門の尺超えを果たし、次の目標は35cmです!そして夢の40cmへ・・これは1200クラスの水槽じゃなきゃ無理かw

ゴスもすっかり傷が癒えて、エサもよく食います。アメシクを出して1200に移してやろうかな~
でもアメリカン手放したくない・・目下の悩みどころです。
f0009758_9305731.jpg

f0009758_9311633.jpg

# by taro460616 | 2006-09-07 09:31 | 熱帯魚 | Trackback
愛しのデルタが戻ってきた!
8月12日に車検&整備に出した愛車が先週の土曜日に納車されました。
整備の効果のほどは・・ インプレは後にして今回かかった費用を紹介しようと思います。
全て工賃を含む価格です。

点検一式                  25000円
エンジンオイル&エレメント       13400円
ブレーキフルード              5700円
ミッションオイル               8120円
デフオイル                  4900円
パワステオイル               4900円
エアクリーナー               3200円

タイミングベルト&テンショナー
バランスベルト&テンショナー
ドライブベルト&エアコンベルト    計92800円

強化エンジンマウントブッシュ
強化ミッションマウントブッシュ    計35000円

バキュームホース             6500円
フューエルレギュレターホース      7400円
スタビライザーリンク左右        17000円
エアコンリサーキュスイッチ       20400円
パワーウィンドウレギュレター助手席 15000円

以上合計259,320円という金額でした。これに車検&代行など約10万かかり、なんとか40万を切りました。今回エンジンを下ろす必要があるメニューを依頼したので、ついでにウォーターポンプ、オルタネータなども交換予定でしたが入庫中に連絡があり、2点ともまだ交換しなくてもいいとのことで見送りました。あとパワーウィンドウレギュレターですが、これはパワーウィンドウを下げると上がらなくなる症状が出るもので、直すにはレギュレター本体の交換が必要になりますが新品交換だと5万以上かかるとのこと。が、程度のいい中古品を使い工賃込み1万5千円でやってくれました。その他項目についても比較的安く上げてくれたと思います。点検一式についても記録簿を見ると多岐にわたる項目をやってくれてるのですが、その効果を強く感じるのがエアコンでした。今回リサーキュスイッチ(内外気循環切替スイッチ)が昇天し、交換もしましたが、記録簿にエアコンガス充噴とありました。そしてエアコンを入れてビックリ!メチャクチャ効きます!これまで味わったことのない冷風が出てきます。助手席の連れが「寒いから止めて」と言ったくらいですw ま、一時的なものかもしれませんが今のところは嬉しいことです。
そして、走りの方は・・・クルマが軽くなった感じ!デルタは各油脂類を交換すると体感レベルでその違いを感じ取れるクルマですが、今回はそれに輪をかけて軽快になりました。各操作系が滑らかになったのはもちろん、エンジン&ミッションマウント交換の賜物でしょうか、低いギアで低速時のアクセルワークでスナッチがとても小さくなりました。ギクシャク感を抑えるアクセルコントロールがほぼ必要なくなったくらいです。運転をしない助手席でも、クルマ全体のスムースな動きが分かるようで、「なんか軽~く走るようになったね」と言ったほどです。
こんな感じで、かかった費用に見合う結果が出てとても満足しました。贅沢言えば足廻りのブッシュ、ショック本体の交換もすればさらに段違いにシャキっとしたのでしょうが、それは次回のお楽しみにしますw ベルト類の交換もしてなにより安心して乗れるようになったことが一番ですね。走行距離はまだ3万㌔弱。乗ってないもんな~。さぁ!今月・来月は遠出を何回か計画しています。楽しみだな~www
f0009758_10223758.jpg

# by taro460616 | 2006-09-05 10:22 | その他 | Trackback
肺魚
土曜日、横浜のウォーターハウスにエサ金を買いに行ったところ、久々に美個体の肺魚がいました。アネクテンスです。ちょっと吻部に傷があるんですが値段も安かったのと、最近では中々お目にかかれない上物だったので持ってきました。
アネクはこれまで10本以上は購入したと思います。そうさせるほど体色や柄のバリエーションが多く、無地に近いものから全身がスポットに覆われたものまで千差万別です。今回購入したのは後者のタイプで、よく「マーブルアネク」なんていう名前で売られてます。
肺魚はどんなに極美個体を手にしても飼っている間に飽きてしまう魚の筆頭だと思います。混泳が不可能なので肺魚1匹のために水槽を1本あてがうことになるのもその要因の一つで、のちのち、いい魚が出たりすると、「アネク出すか・・」となるわけです。水槽をたくさん置けるなら余裕ある飼育が出来ますが、うちなんかは1本1本が貴重な資源なのでそんな感じになっちゃいますね。こんなこと書くと肺魚マニアからは「じゃ飼うな!」と言われると思いますが、肺魚の極美個体も数少ないので見つけるとつい・・w
f0009758_9452910.jpg

f0009758_94547100.jpg

f0009758_9463424.jpg

# by taro460616 | 2006-09-04 09:46 | 熱帯魚 | Trackback
水作
我が家にはハラガケガメが複数いますが、その飼育設備についてちょっとご紹介。
45センチ水槽でそれぞれ単独飼いしています。それを例のホームセンターで売っているメタルラックに載せ、60のダブルライトを2セット吊り下げ、各々レプティグローの5.0と2.0を使用。うちは冬でも室温が高い為ヒーターは通年なし。濾過は水作エイト・ドライブ。この水作エイト・ドライブという商品、私はかなり気に入ってます。発売直後から1年以上使用してますが定期的な内部清掃をしてれば殆ど性能の劣化もなく、小型水槽ならば機能的にも十分なものです。排出パイプも何通りもの組み合わせが可能で、様々な環境に対応出来ます。これだけの機能を有しながら、なにより値段がいいです!私の行きつけ店では980円で売ってます。発売されてすぐ2台購入。使ってみて、いいと感じ、予備を考え多目に8台追加購入。現在6台稼動中で4台も予備があります。でも前述通り中をキレイにしてやれば、いつもパワー復活!予備を下ろす必要がありません。1年以上使って目にみえた機能低下がなく、980円!これはいいです(^^)
あ、肝心の性能としては、45水槽で深めに7分目くらいの水量でアダルトのハラガケを1頭。これで週1の水換え、1ヶ月に1回水作内部の清掃というサイクルで十分な機能維持が出来てます。ドロガメ系などはその丈夫さから、止水飼育で毎日水換えに頼る飼い方が多いと思われます。止水飼育で水面に動かない泡が出てたりするのは見てても嫌なものです。その飼い方でいけるクラスの種なら「水作エイトMドライブ」お勧めです。

ご質問頂いたので画像追加しま~す。
f0009758_83351100.jpg

セット一式です
f0009758_8342612.jpg

これがポンプ本体で、パーツをバラした状態です。一般のポンプと同じくインペラーと付属スポンジの定期清掃でパワーが復活します。
# by taro460616 | 2006-09-01 10:53 | 爬虫類 | Trackback
甲羅干し
昨日はカメ達の水換えをして、その間にエキスパンサの甲羅干しをしました。
成長とともに甲板の表面が新しい層に変わっていくため、古くなった角質が浮いてきます。
甲羅干しで乾かすと、画像のように白い部分が所々出てきます。これを定期的に繰り返すと白い古くなった角質が浮き上がり、気持ちよくペリッと剥けるようなんですが・・・うちのは中々浮き上がらないんです。無理に剥くのも嫌なのでそのまま様子を見ていますが、大丈夫かな?
自然界では、しょっちゅういろんな物に甲羅が擦れて理想的に新層の形成がなされていくのでしょうが、水槽内じゃそれも困難です。その為甲羅干しの時に剥いてやる等の手助けが飼育下では必要なんでしょうが、やり方の加減などが難しいですね。ま、自然に任せていこうかなと・・w

最近エサのメニューを一部変えました。これまで甲殻類はスジエビを与えていたんですが、カメの成長で、エビがあまりにも小さいエサになりいくらやってもキリがなくなりました。スジエビ投入前には必ず小赤や雑魚などを先に入れて少し腹を満たすようにしてますが、よほどエビが好きなんだと思います。100入れて一晩でほとんどいなくなってしまいます。その為ザリガニに切り替えました。3~5センチのチビザリガニです。念の為ハサミと頭部の剣だけ除去してます。食いはスジエビ同様いいです。頭を咥えて中の味噌が出た時など「たまらん」って感じで狂ったようにむさぼり食います。投入した小魚・ザリガニがいなくなると、コオロギの出番です。コオロギにはビタオールと野菜や果物のきれっぱしなどを与えてますが、クリケットキーパーというプラケを使うようになってからはストック中のロスがとても減りました。コオロギは魚・エビ類以上に好むようで狂ったように食べます。アロワナと同じように、与えれば無尽蔵に食べてしまう感じです。なので1回10匹くらいにしてます。
とまぁ、なにしろ大食漢で糞の量も日増しに増えており、水換えの頻度も高くなります。これじゃ成長も早いよなとつくづく思います。90水槽での飼育も今年一杯あたりで無理な感じ・・・。
f0009758_11135713.jpg

f0009758_11141965.jpg

f0009758_11143280.jpg

f0009758_11145469.jpg

# by taro460616 | 2006-08-31 11:15 | 爬虫類 | Trackback(1)
裏・かずっぺ日記
数年ぶりにピラニアを買いました。種類はジャイアントイエローです。ピラニアは過去、ブラック・ピラヤ・ロブスタスといった種を飼ったことがありますが、GYは初めてです。GYも以前から好きな種だったのですが、中々好みの個体がいなかったのと、一度だけ極上個体を見ましたが非常に高価であきらめたことがあります。今回入手した個体は、魚の質・価格面ともに満足させてくれるものだった為、半ば衝動買いで持ってきちゃいました。購入直前ショップで買うか迷っていた時、かずっぺさんにTELで色々とアドバイスを頂き、買う決断の背中を押してもらいました(笑)。
サイズは約15センチで、鱗のラメ具合や紫の色素が強いです。今回購入したショップの店員がGYの500円玉サイズのベビーを30センチ近くまで育てたことがあると話してくれました。どのくらいかかった?と聞いたら、「水槽は60の45だったけど結構早いですよ」と。生餌から固形飼料まで何でも食べたそうです。彼のとこはポリプがメインで、そのGYもピラニアのベビーが大量入荷した時に何の気なしに持ってきて飼い始めたものでした。ポリプの食べ残した死に餌や人工飼料をぶち込んで、あまりにも水が汚れたら水換えと、ピラニア好きな方からは激怒されるような適当な飼い方だったとのこと。でもそれが逆に成長を促したのかも・・。
うちのも90くらいの水槽で飼ってやりたい・・。当面ムリ。
f0009758_9145864.jpg

f0009758_9151730.jpg

# by taro460616 | 2006-08-14 09:15 | 熱帯魚 | Trackback
トーピード
昨日、近所の店にカエルにやるコオロギを買う為寄ったところ、トーピードパイクが入ってまして値段も安かったので持ってきました。職場で飼っていたシクリッドを自宅に持ち帰ったので水槽が空き、何を入れるかな~と思案中でした。職場に置いてる水槽だからといって小型の並物にするのは嫌で、フォーバーとかピラニアなど、大きくならない種で尚且つ一般の人から見たら珍しい魚を、と思ってました。
私が初めてお金を出して買った魚がトーピードでした。19の頃でしたが町屋の日本水族館で確か、「何とかバラクーダ」という名前で売ってました。口に並んだ牙に一発で惚れてしまい、これを飼う!と、すぐに包んでもらったのを憶えています。それから今までずっと大型カラシン愛好家として魚をやってきました。神経質で無機質、エサをやっても思う通りには食ってくれないなど、アロワナのような魚とは正反対な性質なのが大型カラシン。いわばとっても飽きやすい魚ですが、それでもいいんです。あのカッコいい容姿を見せてくれれば。観賞魚ですから。でもこう思えるようになるまでは時間かかりました(笑)。何度エサ金をリモコン操作してぇ~と思ったことか・・。というわけで私にとっては原点回帰のような魚のトーピード、長生きさせてやろうとおもいます。
f0009758_11521153.jpg

f0009758_11522438.jpg

# by taro460616 | 2006-08-08 11:55 | 熱帯魚 | Trackback


by taro460616
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
自転車通勤始めました!
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
7年前のノコヘリカブト
from CHELIDPHILE
飼うぞ!熱帯魚
from 物知りになるサイト
taroさんのレイマニと..
from CHELIDPHILE
John宅のエクスパンサ
from CHELIDPHILE
ランチアの歴史
from 【大砂輪】
でかくなってきてますね〜。
from CHELIDPHILE
エクスパンサを飼ってる方..
from CHELIDPHILE
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧