大森町水族館

小さな観賞魚店の入荷情報発信と生体管理記録
新設しました!
この度、BBSを新設しました。皆さんの画像も貼って頂けると思います。左下の「画像掲示板」からお入り下さい。書き込み共々よろしくお願い致します!
# by taro460616 | 2006-04-17 12:53 | その他 | Trackback
ダトニオ
今、鋭意育成中のダトニオをご紹介します。
確か今年の初め頃購入したと思います。ようやく倍程に成長し、小赤を何とか食べれるようになりました。5匹入荷し、その中で極めてバンドが太い個体が目に入り「おっ!!」となり、すぐに掬いプラケの中でじっくり身体検査・・。店員から「taroさん、何か見つけた~?」と声かけされた頃、恐る恐る魚体の裏面を見ると・・合格。両面崩れなしの太バンドでした。尾筒のバンドは良くないですが、私には真ん中のバンドが命なのでこれでOKです。
やっとエサがメダカの時期を脱し、楽になりました。久し振りのダトニオのベビーからの育成。成長が早くないダトニオですがじっくり付き合っていこうと思います。
f0009758_96316.jpg

# by taro460616 | 2006-04-17 09:06 | 熱帯魚 | Trackback
エキスパンサ
久々にエキスパンサの投稿です。何とかカッコいい水中での画像を撮りたいんですが、すっかり慣れてしまい、人影を見るやエサくれダンスが始まるのでお見せ出来るような画像GETが至難の業です。かと言って手に持ってるのばかりじゃつまらないので、今回のこんなしょぼい画像でご勘弁下さい。購入時から二回りは成長しました。調子は相変わらずで、とにかく物凄い食欲です。
画像でお分かりになると思いますが、頻繁に甲羅の表面が浮き、剥けるようになってきました。エキスパンサの甲羅は独特の質感で、触るとキメの細かい裏皮のような感じです。画像のように表面が白く浮いてくると程なくして徐々に剥がれ落ちていきます。その後はこげ茶色の綺麗な表面となります。
タートルドックというカメの浮島をセットしていますが上陸することは殆どありません。ただ、浮島の上にコオロギを放つと目ざとく見つけ、ノッシノッシと上陸し凄い勢いでコオロギに襲いかかります。甲殻類・魚類と遜色なく昆虫も大好きですね。昆虫類でしか取れない栄養素もあるようなので、与えるエサを選り好みしないのには助かります。食べる量が凄いのに比例して糞の大きさも凄いです。1ヶ月に1度の濾過槽掃除は欠かせません。
体の成長と共に頭部も大きくなってきて、この種の特徴が少しづつ広がってきました。飼育開始から約2ヶ月、水質等にうるさいなんてことは微塵も感じられず、普通にエサやって、水換えして、掃除してと基本をやれば全く問題のない強健種です。もしワイルドならそれなりに癖があるかもしれませんが、CBは安心ですね。
f0009758_11451945.jpg

f0009758_11504050.jpg

f0009758_1151036.jpg

4/18 画像入れ替えました
# by taro460616 | 2006-04-13 16:55 | 爬虫類 | Trackback(1)
初公開!常連様の魚
f0009758_13111861.jpg
f0009758_13113277.jpg

いつも遊びに来て下さってるハイブリッドさんから、ペーシュとダトニオの画像を頂きました。
ありがとうございます!皆さんもじっくりご覧下さい。
よく太ったアルマータスと、綺麗にバンドが揃って体高の出そうなダトニオです。ダトニオは最近どこでも値段が高くなってきてます。以前のように爪の大きさくらいのベビーの大量入荷が見られません。入荷するのはどれも5、6cmのベビーばかりです。そのサイズだと今は1万円近くなっちゃいますね。この現象の一端には、超人気魚のダトニオなので商業的な出荷コントロールの匂いも感じられます。現地タイで保護がかかっているのは確かなようですが、他産地のものも含め買えなくなるほど輸入量が減っている感じもしません。まさに需要と供給を絵に描いたような魚ですね。東京近郊のショップでも、逆に20~30cmの個体が割と安く売ってたりします。ダトニオの生涯のエサ代を考えると1万くらいのベビーを買うより、大きい個体を買った方が全然お得だとも考えられますね。
# by taro460616 | 2006-03-30 13:39 | 熱帯魚 | Trackback
ハラガケ
久々にカメの投稿です。
約1年前から飼育しているハラガケガメです。1年前・・丁度この時期におもわぬ臨時収入があり、飲み食いなどに使わず、物を残そうと考え購入しました。中米原産のカメですが輸入量が多いとは言えず割と高価なミズガメです。平均小売価格は6~12万といったところでしょうか。オス個体の流通が少なく、メスより高価な場合がほとんどです。ドロガメ科でハラガケガメとして1属1種に分類されています。MAXサイズが甲長15cmほどで大きくならないため飼い易く、非常に人気があります。私は是非ともこのカメを繁殖させてみたいと思い、まずはほぼアダルトのペアを購入。数日後にセミアダルトのペアを購入しました。なので4頭を飼育しています。
それぞれ別水槽で単独飼育しており、アダルトのペアは交尾させる時だけ一緒にします。当初オスはとても下手だったのですが、回数を重ねるごとにテクニシャン(笑)になっていき、メスも大人しく受け入れる様が見られました。去年の秋口から冬の間に10数回は交尾しています。交尾の結合時間は長いときで20分くらい。それまでじっとしていたメスが暴れ出すと体が引き離され、交尾終了となります。離れた時に精子が出ているのでしょう、水が白く濁ります。そんな訳でもし卵を産んでくれれば有精卵の期待が持てるので、メスの産卵専用水槽をセットしました。この冬ずっと室内にて無加温飼育してきており、ある程度のクーリングは出来ているかと思います。そんな簡単にはいくはずもないのですが、気温も上がってきましたし、抱卵すると普通に飼っているだけでも水中に産み落としてしまうこともあるミズガメですので、陸地を設けた専用水槽でがんばってくれればいいなと淡い期待をしている今日この頃です。
f0009758_9524235.jpg

f0009758_1159199.jpg

上がテクニシャンになった色男
下がけなげな色女です
# by taro460616 | 2006-03-29 09:54 | 爬虫類 | Trackback
飼育種紹介
私の持ち魚でカラシンネタについては、皆さんから本当に多くの書き込みをして頂きましてありがとうございました。とても楽しく、そしてかなりのところまで掘り下げた意見交換の場になったと思います。というわけで出尽くした感のあるカラシンに変わり、今回はポリプです。と言っても現在我が家には2種しかおりません(汗)。ウィークシーを紹介します。
ポリプテルスという魚は、自分の好みに合った個体を探すという点ではこれほどバラエティに富んだ魚種は他に見当たりません。顔つき・体色・柄の入り方に始まり、ある程度のサイズであれば雌雄判別が容易なことから好みの性別など、いざ購入する時は選ぶのに最も時間がかかる魚ともいえます。昔は複数いる中に際立ってレベルの高い個体が混じっていたりしましたが、今ではそんな個体にお目にかかることはまずありません。
今回ご紹介するウィークシーという種では、一般的にバンドの良し悪しが選別基準上最も重視されていると思います。バンド自体はエンドリのような太いものではなく、それが数多く入るものや、逆にほとんど無地に近いものなど様々です。そしてマニアが追い求めるのが逆Y字と呼ばれる、1本のバンドが途中で分岐してYを逆さにしたように入るバンドを持った個体です。さらにそれが左右で対象に入るものがベストと。これは現在においてはかなり高いハードルとなっています。我が家の個体はそんな基準でいくと満足出来るレベルで、購入当時ショップで見つけた瞬間は衝撃的でした。それでも左右対称の項目はクリアしていません。飼育開始から約5年です。成長は非常に遅く、大型個体をあまり見かけないのが頷けるポリプです。ただし、いじけさせなければじわじわと確実に成長を続けます。昨今の下顎突出系と違い、流通個体のほぼ100%がワイルドです。夢のバンドを持つウィークシーに出会えることを願いつつ、ポリプ第1弾でした。
f0009758_1157924.jpg

4/18 画像入れ替えました。
# by taro460616 | 2006-03-14 11:58 | 熱帯魚 | Trackback
今の姿
f0009758_16551044.jpg

以前ご紹介したアルマータスの新しい画像です。何度も話題に出た尾ビレや脂ビレの特徴がよくお解かり頂けるかと思います。さて、今入れている水槽での飼育も限界に来ているんですが、他に入れる所がなくどうしようかと考えている所です。ショップに逆戻りかも・・です。
一緒に買ったbicudaさんのは良環境で飼われ、うちのより遥かにデカクなってます。
# by taro460616 | 2006-03-06 17:03 | 熱帯魚 | Trackback
会社で・・
f0009758_1134530.jpg

好きが高じるとはこういうことだと思いますが、私、職場にも生き物を持ち込んでいます。うちの事業所はスタッフが私を含めて7名おり、私以外は全員女性です。職場において複数の女の中に男が一人というのは、あらゆる面でやりにくさが付きまといます。仕事とはいえ感情で動く傾向が強い女性陣を率いていくのに頭を悩ますことしばしばです。一人でいいから男性スタッフが欲しいと常日頃から思っています。愚痴になってしまいましたが、それでもマイナス面ばかりでなく、うちの女性陣は皆生き物好きです。この水槽を設置する時も、全員で大騒ぎでした。で何を飼っているかというと、上段にホシガメ2頭、下段の水槽にミシシッピニオイガメ、グリーンテラー、プレコ2種が入っています。これらの水槽を設置してから約半年。これまで私がやったのはホシガメケージの床材の交換、魚水槽の水換えといった任せることの出来ないことだけです。日々のエサやりや、保温ランプ類による温度管理、温浴など毎日の世話は全て女性陣がやってくれてます。何より嬉しいのは、職場に生き物がいるようになってから皆が明るくなりました。更にはちょっとした空き時間でもホシガメに話しかけたり、現場から疲れて帰社した後、ボーっと水槽を眺めていたりと、大いに癒し効果があるようです。また生き物の方にもいい事づくめだと思います。毎日社員が出社し、決まった時間に電気類の点灯とエサやり、そして業務終了時間もだいたい同じ。規則正しいサイクルで飼育することが出来ます。個人飼育では「今日は面倒だから・・」なんてことも多いですが、社員が7人もいますので誰かしらが必ず世話しています。成長も早いですよ。・・・というわけで日々世話してくれている部下達に感謝しつつ、今日は飼育種紹介の番外編でした。
# by taro460616 | 2006-02-22 11:43 | 熱帯魚 | Trackback
ペーシュネタはこちらへ
皆さん いつもお越し頂きありがとうございます。
ペーシュの話題満載でコメント数も相当なものになり、スクロールさせるのも面倒かと思いますので新たに投稿致します。ペーシュやカラシンのネタはこちらにどうぞ。
f0009758_170308.jpg

# by taro460616 | 2006-02-20 17:00 | 熱帯魚 | Trackback
エキスパンサが来た
約1週間前、我が家にやってきたカメをご紹介します。コウヒロナガクビガメという種で、これはナガクビ全般に言えることですが愛好家の間では「エキスパンサ」という学名呼びをするのが通例になっています。以前はその姿を本でしか見たことが無かったのですが、5年ほど前あるショップで見てから虜になり、「いつかは・・」と思い焦がれていました。おいそれと買える金額じゃないのが最大の壁でしたが今回、ショップの主に多大なる憂慮をして頂き、思い切って購入と相成りました。甲長約10cmです。以前飼っていた他種のナガクビとは全く違う顔つき、肌の質感、四肢の大きさ、そして甲羅の形とどれをとっても飼育意欲、所有感を満たしてくれるカメです。更にナガクビにはお約束の甲板ズレのない個体です。飼育開始から1週間・・その印象は・・泳ぎまくり、食いまくりです。ナガクビ最大種なだけに、同サイズのジーベンやパーケリーと比べ四肢の大きさが1.5倍ほどあり指間の水かきも面積がとても広いです。必然的に遊泳性も異常に高いらしく、泳ぎまくってます。同時にエサ食いも半端じゃなく、メダカ・スジエビ・コウロギ・小さいドジョウといったメニューを、魚では考えられない量を食べています。現在90の水槽で2/3以上の水深を取り、上部ろ過、パワーヘッドによる水流、流木の組み合わせによる足場といったレイアウトにしています。この1週間で既に成長線が確認できるほどで、あっというまに90では飼えなくなるような感じです。泳ぎまくりで水中の写真が撮れなかったので、こんな写真で恐縮ですが見てやって下さい。次回は甲羅とか載せます。
f0009758_13284064.jpg
f0009758_1329163.jpg
f0009758_1329978.jpg

# by taro460616 | 2006-02-13 13:30 | 爬虫類 | Trackback(1)


by taro460616
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
自転車通勤始めました!
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
7年前のノコヘリカブト
from CHELIDPHILE
飼うぞ!熱帯魚
from 物知りになるサイト
taroさんのレイマニと..
from CHELIDPHILE
John宅のエクスパンサ
from CHELIDPHILE
ランチアの歴史
from 【大砂輪】
でかくなってきてますね〜。
from CHELIDPHILE
エクスパンサを飼ってる方..
from CHELIDPHILE
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧