大森町水族館

小さな観賞魚店の入荷情報発信と生体管理記録
先週末から昨日まで
私、毎週ではないのですが、1週おきくらいの週末は必ず熱帯魚店・爬虫類店に出向いてます。もちろんエサの仕入れがメインですが、その他消耗品や、時折出物の生体をGETしたりと、月並みなパターンで買い物しています。先日も少し書き込みしましたがこの前の日曜日、遂に私が長年憧れ続けた生体が我が家の敷居を跨ぎました。それを迎え入れる為に先々週末から準備に取り掛かり、先週土曜日にはかねだい草加に必要な備品類の調達、近所のチャイにエサの仕入れとセッティングに余念がありませんでした。かねだいは二ヶ月に一度の頻度で行ってますがこの日は生体の30%offセールでした。が、何も買わず、唯一気になったのといえばナイルパーチ・ニロチカ¥19800が15000弱で買えることくらいでした。モノもかなり良かったです。ナイルパーチも、真偽の程は定かじゃありませんが、特定外来生物のあおり(ナイルパーチがリストアップされてる訳ではない)で輸入許可が必要になって相場が高騰しているようです。今回見たサイズと個体のレベルから言って1万5千以下で買える機会は今後そうないだろうと思います。そんな訳で日曜の日中まで受け入れ態勢に励み、夜その個体を連れ帰ってきました。水棲ガメのコウヒロナガクビガメという種です。この数日、絶好調にエサを爆食しています。あまりいじる気にならず画像を撮っていませんが、この週末撮影し、またご紹介したいと思います。文章と全く関係ありませんが、飼育2年の青系セベラム貼り付けます。
f0009758_1229313.jpg

# by taro460616 | 2006-02-10 12:33 | 熱帯魚 | Trackback
アルマータス
f0009758_1046887.jpg
f0009758_10462917.jpg

f0009758_10542181.jpg

f0009758_15472199.jpg

これは去年の12月中旬に入手したレッドフィンの幼魚で、飼育から約1ヵ月半経ちその成長過程を載せてみました。それぞれ半月後・半月後です。写りが悪くて申し訳ありません。3枚目の写真を撮った時は大分部屋が暗かったようです。購入時のサイズでははっきり区別するのは難しいですが、成長と共にアルマータスの特徴が見えてきます。

※4枚目:追加  3枚目から更に半月経った現在の姿です。
# by taro460616 | 2006-02-03 11:04 | 熱帯魚 | Trackback
飼育種紹介5
今回は魚ではなくカメのご紹介です。我が家には2種のミズガメと1種のリクガメがおり、計8頭を飼育しています。その内の1頭、ホシガメについて書きます。日本で飼われているリクガメの中でホシガメが最も高い割合で飼育されてる種ではないでしょうか。そのくらいリクガメの中ではダントツに人気のある種類です。飼育としては、入荷直後のワイルド個体や極小のベビーは確かに調子を崩しやすく、気を抜くと手遅れなんてことが起こり得ます。でもある程度のサイズまで順調に育ってしまえば、とても丈夫で飼い易いフレンドリーなカメとなります。長年飼ってみてのポイントはやはり高温のキープと湿度ですね。ピンポン玉などと称されるベビーは特にこの2点が重要です。体が小さいだけに冷えやすいし脱水しやすいのです。うちではケージ内温度が28℃、保温スポット付近が35℃で湿度は60%を切らないように気をつけています。冬場は湿度が簡単に下がりますが、朝出勤前に床材(ヤシガラ)を湯で湿らせ、水場常設で夜の帰宅時60%といった感じです。エサは2日に1回にしています。以前は毎日やっていたのですが、どうしても食べ残しが出るのでこのサイクルにしたところ毎回完食し、摂取量も上がりました。エサはセオリー通り、小松菜・チンゲン・モロヘイヤ・人参といったところでたまにリンゴを少量混ぜます。ベビーにはそれに加えて3回に1回少量のドッグフードをトッピングしてます。これは動物蛋白補給の為です。ベビーから育ち、甲長が10cmを超えるようになるとより活動的になり、人の影を見るとエサ欲しさに駆け寄ってくるほどになります。
f0009758_1735313.jpg

# by taro460616 | 2006-01-30 17:36 | 爬虫類 | Trackback
飼育種紹介4
新たにかずっぺさんが来訪頂いたことに気を良くして新投稿しま~す。
今回はRFペーシュの小さい個体です。こいつはうちの大きい個体と同タイプのRFです。
この亜種の特徴としては上顎から額にかけてのしゃくれが強く、小顔です。更に目が大きく、尾びれはアズキ色に近い赤で縁にかけて黒く染まります。全てアルマータスと比較してのことです。レッドフィンは、このくらいのサイズの時が最もノーマルのペーシュと性質の差が感じられます。エサを追う意欲が活発で、摂取量も明らかに多いです。他の魚種同様、この成長期とも言える時期にいじけさせることなく、ガンガン成長させることが肝心ですね。大量のエサやりと強い水流、そして頻繁かつ大量の水換えです。水換えすることで、消化・排泄のサイクルが早まり、その結果エサの摂取量も多くなります。これを私の友人のように最初から巨大水槽で出来れば言うことないと思います。メータークラスのペーシュが欲しい~。
f0009758_933868.jpg

# by taro460616 | 2006-01-20 09:47 | 熱帯魚 | Trackback
飼育種紹介3
全く更新のない、とてもつまらないブログになってますが仕事の合間を盗んで投稿します。
今回は南米淡水カレイです。これまで古代魚をメインにやってきた私ですが、こういうカレイやフグなどの海産起源の淡水魚もかなり好きであります。あくまで純淡水飼育が可能なものに限りますが。そしてこれらの魚もデカクなるやつが好きです。なので淡水フグのムブやファハカも、その昔飼っていました。今回のカレイですが、まだ飼育開始から3ヶ月ほどしか経っていません。入手は、行きつけの店に以前からオーダーをかけていて、1年程してやっと入荷の連絡を貰いました。ご存知の通り淡水カレイも様々なタイプがいますが、この個体は最も普通に見られる種です。よく数cmの小さい個体が売られています。私は大型個体しか眼中にないので、25cm以上のが入ったら教えてと頼んでおりました。現在実寸で29cmあります。実は以前にも2回、デカイ淡水カレイを入手する機会に恵まれ飼ったことがあるんですが、いずれも短期に死なせてしまいました。1匹は35cm弱程のビッグサイズだったので悔やまれます。でも今回新たにこの個体を飼うのにあたり、改めてカレイについて色々調べました。そこで分かった事を考察すると、過去の飼育失敗は当たり前だったなと思い知らされました。淡水カレイを死なせる最大要因は水槽内への細菌持込みだそうです。つまりはエサからの持込みですね。生のイトメや、小魚は投入前のトリートメントは必須のようです。うちでは個体が大きいのでイトメは使いませんが、エサ金は1週間程度、塩水浴とたっぷりのエサやりを施してから給餌しています。それともし、網や、新たな器材を水槽に入れる際も事前に熱湯消毒をします。水温は、カレイというと低めがいいのかな?と思っておりましたが、病気の発生を避ける為にも28℃と高めの設定です。水槽は60×45×30(高)という淡水カレイを飼う為にあるようなサイズのものを使っています。とまあこんな感じで飼っている訳ですが飼育開始から3ヶ月、今のところ問題ありません。絶好調といいたいところですが如何せん動かない魚で、呼吸も体の裏にあるエラブタをメインに動かすらしく(もちろん表にもありますが)、好・不調を誠に掴みにくい魚です。でもエサ食いが半端じゃなく、水換え後は別下を一晩に3~5匹平らげます。
地味~な魚ですが、割と楽しめ、やっぱりかなり好きです。目指すぞ40cm!
f0009758_17243548.jpg

# by taro460616 | 2006-01-05 17:25 | 熱帯魚 | Trackback
飼育種紹介2
我が家で飼育している魚、第2弾を載せます。
肺魚のアルビノエチオピクスです。この個体は友人(私の熱帯魚の師匠)がある店で発見し、その場ですぐに持ち帰った魚です。それがうちで飼っていたカメとのトレードで我が家にやってきました。通常のアルビノのような肌色でなく、とても黄色味の強い個体です。一時期、私の怠慢でかなり痩せさせてしまい、現在も立て直し中です。健康な個体を太らせるのはあっというまなのに、一度ひどい状態にしてしまうと中々戻りません。反省です。餌食いもサイズからするとまだ細い状態です。高カロリー高タンパクの餌を選んで給餌しています。
f0009758_1427184.jpg

# by taro460616 | 2005-12-16 14:27 | 熱帯魚 | Trackback
これから・・
ようやく新しい携帯をGETしました。撮影画像が飛躍的に綺麗になって、upしても恥ずかしくないものになったかなと。これから一つずつ我が家の生き物を紹介していこうと思います。
入手時のエピソードや飼育過程など、記憶の限りを辿って書いていきま~す。
記念すべき(笑)第1回目は・・
f0009758_18434232.jpg

ペーシュカショーロとダトニオの2ショットです。
まずはペーシュから。この個体はレッドフィンペーシュカショーロで、市場ではブラジル産として出ているのと同じタイプです。入手したのは今から約5年前。その頃は今ほどレッドフィンの入荷がなく、非常に高価だったのですが入手時に実寸30cm以上あり、とても惹かれてしまい、いってしまいました。ただ、現在でもこのタイプのレッドフィンは数が少なく、あの時無理してでも購入してよかったと思っています。レッドフィンペーシュは少なくとも地域変異で3~4タイプがいます。その辺りを詳細に紹介している資料や書籍は日本にはありませんが、私見でどこがどう違うか、いかにして巨大化させるかなど、またの機会に書いてみようと思っています。
続いてダトニオです。これは約6年前に5cm程のベビーで購入しました。私、ダトニオにはかなりと自負するこだわりを持っています。ベビーが大量に入荷したときなどはへとへとになる程選別に時間をかけ、自分の求めている個体がいるか探します。そのこだわりとは、やはりバンドの太さ・左右均等具合・段や乱れがないかに尽きます。たったそれだけなんですが、それが居ないんですよね~。この画像の個体はそんな私の欲求を満たしてくれた、生涯3匹目のシャムタイガーです。(過去の2匹は落としました;)
# by taro460616 | 2005-12-13 19:07 | 熱帯魚 | Trackback
自己紹介
私の簡単な自己紹介をします。

都内在住で歳は30代中盤です。今回題材にした熱帯魚は高校卒業と同時に始め、18年目となります。当初から大型魚が好きで、小型魚は飼ったことがありません。その他、哺乳類・鳥類・爬虫類(カメのみ)など幾多の生物を飼育しましたが、現在まで継続しているのは魚とカメだけです。熱帯魚の中では大型カラシンが特に好きなグループで、牙魚は常にキープしてきました。好きな種をざっと挙げると、レッドフィンペーシュ、ゴリアテタイガー、ピラニアではブラック、ジャイアントイエロー、ピラヤなどで、同じ属の中でも大型化する種に特化しての好みです。
また、肺魚、ポリプ、ダトニオなどポピュラーな大型魚も好きな魚種達です。
カメは現在、陸ガメ1種・水ガメ1種で5頭を飼育中です。
これら我が家で飼育中の魚・カメの今後を画像と共に紹介させて頂きながら、飼育のアドバイスなど皆様にご教授頂けたらと思います。また、これから熱帯魚を始めようとお考えの方には種類に関わらず問いかけて下されば少しはお役に立てるかと・・(汗)
そんな訳でとにかく皆様、よろしくお願いします!
# by taro460616 | 2005-11-29 15:47 | その他 | Trackback
よろしくお願いします!
この度ブログを立ち上げました。
こちらでは私が飼育している熱帯魚と亀の飼育日記を中心に各種の成長や情報を発信し、皆様と意見交換出来る楽しい場となることを目的としています。
システムの理解や操作が乏しいので、内容を充実させるのに時間がかかると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。私の画像は来月に入ってからのupになりますので、まずは文字だけでスタートしますことお許し下さい。
# by taro460616 | 2005-11-29 15:14 | その他 | Trackback


by taro460616
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
自転車通勤始めました!
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
7年前のノコヘリカブト
from CHELIDPHILE
飼うぞ!熱帯魚
from 物知りになるサイト
taroさんのレイマニと..
from CHELIDPHILE
John宅のエクスパンサ
from CHELIDPHILE
ランチアの歴史
from 【大砂輪】
でかくなってきてますね〜。
from CHELIDPHILE
エクスパンサを飼ってる方..
from CHELIDPHILE
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧