<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

熱帯魚の丸物

仕入れ先に赴いた時や、送られてくるリストの中に見かけると高確率で仕入れてしまう魚、メチニス・ミレウス。
カラシンのご多聞に漏れず、パッと見同じでもよ~く観察すると細部が微妙に違う形体だったりする。
それが単にサイズ違いによるものだったり、雌雄差だったり、ホントに別種だったりと、こればっかりは長く飼い込んでサイズが揃ってハッキリすることも多い。特に小型のメチニスはポピュラーなタイプ以外はほとんどそんな感じだ。
学名表記が標準的な海外では結構細かいところまで種別の認識が進んでいるが、それでもいい加減なところはあるのが散見される。ここ2年ほどで中・大型カラシンの専門書を5、6冊海外から購入しじっくり見てみたが、掲載されている種類数の多さや分布域の広さに驚かされる反面、観賞魚視点で見て明らかに別種と思える魚が同じ学名で一括りされてたりする。フィッシュベースであれだけ細かく学名分けされているのにだ。ただ、これも雌雄差で実は同種とかいうこともあるのかもしれないが、そこは専門家にしか分からない部分だろう。
難しいことはともかく日本が得意としている、コリドラスのようなノリで種の精査がされ、同時にいくつもの流通名が付いたらとても面白そうだ。「てんてんメチニスⅡ」とか・・そんなことはあり得ないね^^;
話しが逸れたが、そんなことでこの魚の在庫数も相当数となり、店に一人でいる時の癒し風景となっている。
自分のプチ水族館^^
f0009758_11152747.jpg

みんなすごく成長早い・・エサの消費量が普通じゃない・・^^;

by taro460616 | 2009-12-14 11:20 | 熱帯魚 | Trackback