<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

巡り合い再び♪

昨日は常連様の青い空さんと多摩方面の熱帯魚屋廻りをしてきました。
朝8:30我が家の最寄り駅までお越し頂きマイカーに同乗。いざPDに向けて出発です。
環八~青梅街道といつものルートで車を走らせます。すると環八×246の交差点前で少し詰まったくらいで、他は予想していた渋滞がほとんどなくスイスイでした。青梅街道は一時貸切状態のような時もあり、あまりの車の少なさにびっくりしました。
途中コンビニ等に寄り道しながらPDには10:10到着。開店直後で駐車場には車が一台もなし。店内に入っても客は一人もなし。本館から見ていき、ワールド館に移動するあたりから数人のお客の姿が見え始めました。なんだか寂しい限りですが、まぁ普段の日だからそんなもんかな・・。
そしてワールド館に入り、大型個体が収容されている巨大水槽コーナーに。そこでこの日一番となることになる個体と出会います。2匹のタイガーシャベルとともに、マンファリ×1、トロピクス×4のガー達が泳いでいました。その中で、ある一本のトロピクスに目が釘付けに・・。

ここでちょっと回想録に・・。‘91~‘92年にかけてついにアリゲーターとトロピカルジャイアントがまとまった数で輸入され、熱帯魚界は空前(あくまで業界内レベル^^;)のガーブームでした。そのブーム初期にのみ輸入された個体達は、アリガーにしてもトロピクスにしても現在普通に売られているのとはタイプが全く違うことはガーマニアなら周知の事実。これら初期の極上個体を売っていた店としてはやはりタマとベイが代表的です。値段も目玉が飛び出るほどでしたが、それより昔のイレギュラー入荷を除けば、事実上初めてとなるアトラクトステウス属のオーラを目の当たりにしたマニア達はそれらの個体をコレクションしていったのです。

我が家に初めてアリゲーターが来たのが‘92年。そのたった2週間後にトロピクスも迎え入れます。その時に購入したトロピクスは、タマあたりではメキシコ産と謳い、広告にドカーン(分かる人には分かる・・^^)と載せてました。今になると笑ってしまうのが、このトロジャンの柄が無地に近い個体を堂々と「キューバンガー・マンファリ」と紹介したりしてることです(^^) 本物のマンファリはこれに遅れること約2年、確か‘94年に入ったと思います。これの初入荷個体は、アリ、トロジャンの初期価格を遥かに上回るものでした。200万だったかな・・

長くなりましたが、本題はこの当時僕が入手したトロピカルジャイアントガーです。タマでアリガーを購入した直後、水槽も巨大な物が用意出来たこともあり、こうなったらガーを全種コンプリートしようと決意し、次に買うならコレと決めていたベイが持っているトロジャンに狙いを定めました。店に通い詰め、とうとう初めに言われた値段の半額でGETしました。その個体の特徴はなんといっても吻部にあります。他のどの種のガーよりも頭長に対する口の比率が短く、そして幅も非常に広い形態をしています。さらに体色も独特なもので、背中からお腹にかけて周囲300゜は真っ黒、残り60゜の背中部分が少し明るい色で抜けているという変わったものでした。普通、魚は下部のお腹が明色なのに、その逆パターンですね。この初期入荷個体は何本入ったのか分かりませんが、その時の50cm前後の個体に限ればおそらく20本くらいかと思われます。それから2、3年後、アリガーもトロジャンも現地環境を利用したブリードという噂のベビーが大量入荷して価格は大暴落しました。しかし前述の大きなサイズで輸入された初期の個体達を飼っていたマニア達はそれほど落胆しなかったと思います。タイプがまるで違うものだったからです。アリガーでいえば、初期の大型個体は紛れもないミシシッピ産といわれており、この産地の個体はベビーの大量入荷以後、入ってないと思われます。どこが違うかと言われると表現しにくいですが、ミシシッピ産は体全体が伸びやかで線も細く、繊細な体つきといった感じ。対してこの時のベビーから今に至るまで流通している個体は体型がゴツく、迫力という点では上ですが粗野な感じが否めません。
トロジャンの方も、現在に至る当時のベビーから、初期大型個体とは一線を画すものとなってしまいました。途中大量入荷したニカラグア産ベビーが、その口の細さから全く人気が出なかったのに、今は貴重視されているという面白い現象はありますけどね(^^;

その時飼っていた大型個体達は我が家の家庭事情により水槽はもちろんのこと、頑張って集めた他の種もろとも泣く泣く手放すこととなり、熱帯魚飼育自体を中断していた時がありました。
再開後も熱帯魚屋に行く度、トロジャンに関してはガーコーナーでチェックを怠りませんでしたが、先の初期タイプには出会えませんでしたね。一度だけ、店のオーナーが長年キープしている個体を見ましたが、百数十万円などという実質非買のタグが付けられていてがっかりしたことがあります。
それが昨日!PDにて運命の再開を果たせました。
見た瞬間、「こんなとこに居たのかよ~T_T」と、しばし呆然・・。ご一緒下さった青い空さんも、「これはイイですね~・・」と同調モード。違いの分かる男だなぁ~(^^)
その後、PDの課長に値切り交渉。結果、非常に寛大な数字を提供下さり、めでたくお持ち帰りとなりました。サイズが60ほどあり、うちの狭小環境に連れてくるのは偲びなかったのですが、近いうちに大きい水槽を用意することを心に決めてしばらく我慢してもらいます。一つだけ難点は左エラが軽くめくれています。内側に巻き込むタイプのめくれです。これは今週末に切除の外科処置をしてみようと思います。どなたかガーのエラめくれ切ったことのある方、アドバイスお願いします。
という訳で十数年振りに再会した自分の中で本物のトロピクス、大事に育てていこうと思います。昨夜は水槽に泳ぐコイツに見とれて3時半就寝でした(^^;眠い・・

入れた直後の色飛びですが、次回まともな写真撮って載せます。
f0009758_12152843.jpg

by taro460616 | 2007-10-26 12:16 | 熱帯魚 | Trackback  

順調に大きくなってます

今年の6月、ムツゴロウ王国でのイベントから連れ帰ったパーケリーとジーベンのハイブリらしきナガクビをUpします。餌食いが凄いのですくすくと育っています。
頭や甲の柄に特段の変化は見られません。頚や四肢ががっしりしてきました。
f0009758_938317.jpg

f0009758_9434579.jpg

f0009758_944185.jpg

f0009758_9441190.jpg

f0009758_9442291.jpg

by taro460616 | 2007-10-14 09:49 | 爬虫類 | Trackback  

たった一日の経過・追記

今朝確認。13個全てに白濁出現。10割達成です(^^)
f0009758_1115266.jpg

昨日産まれたレイマニの卵、今日見てみると早速白濁が発生。
13個中11個に白濁が現れました。こりゃますます真剣に取り組まねば・・ 無駄死にさせてなるものかって感じです。
f0009758_21172593.jpg

産卵後の疲れも見せずエサをねだることに夢中なメス。愛い奴です(^^)
f0009758_21184247.jpg

by taro460616 | 2007-10-05 21:19 | 爬虫類 | Trackback  

許せないこと

静岡にあるカメ専門店「ヤットカメ」さんで盗難事件がありました。
盗難にあった内容を見ると驚きます。高価な種ばかり狙われました。
絶対に許せない出来事です。
以下、お店の方の訴えを広める為に当ブログにも掲載致します。



大変残念なお知らせがあります。
10月3日(水)深夜~4日(木)早朝にかけて
当店「TurtleFarm YattoKame」において盗難事件がありました。
犯人はかなりカメに精通した人物で、安価なカメには手を付けず
中国ハコガメ、フロリダハコガメ、色変物などを中心に盗んで行きました。
ハミルトンの子どもなど国内では登録票なしでは
売買が不可能な生体も居なくなっておりますので、国外へ持ち出しの
可能性も含めて、警察に空港出国の際の検査を強化する様依頼しております。

以下盗難個体の詳細です。

マッコードハコガメ    親13匹
コガネハコガメ      親2匹Pr
フロリダハコガメ     親2匹
                子3匹
ハミルトンガメ       子4匹
ビルマホシガメ♀     親2匹35cm、25cm
アンナンガメ白変     親3匹
グナレンナガクビガメ   親3匹♂1♀2
ライマンナガクビガメ   親1匹
キマダラチズガメ     親1匹
ギザミネヘビクビガメ   親2匹Pr
キボシイシガメ       子12匹
ヒメニオイガメ       子 3匹
セマルハコガメ      親15匹中国
               子 5匹赤
トルコギリシャリクガメ 親 1匹♀
トウブハコガメ      親 3匹

上記以外にもまだ池の中の物は確認出来ていませんので
被害は増えると思います。
店主は日本の飼育、繁殖技術の向上に向け人生全てを費やして参りました。
上記の種類も日本国内で健康な個体を安価に提供できる様、ベビーから
育て上げ、繁殖まであと一歩という所でした。
私自身も我が子のように育ててきた子がいなくなり、茫然自失になっております。
また盗まれた子の健康状態も心配でなりません。
上記種類の販売情報や、事件の噂など何か情報をお持ちの方は
どんな些細な事でも結構ですので、是非ご連絡宜しくお願い致します。

店 053-576-0045 店主携帯090-1276-0045

HPまたはブログをお持ちで、ご協力頂ける方は大変お手数ですが
上記文章を載せて頂ければ幸いです。
 
               Turtle Farm YattoKame 誉田明子

by taro460616 | 2007-10-05 16:09 | その他 | Trackback  

再び・・(^^)

我が家のレイマニが去年に続き産卵しました。
今日は有給を取り、のんびり過ごしてカメ達の世話をしてました。午後からHPに載せる為の撮影などしてたところ、ふとレイマニの水槽に目をやると・・・・・・!!!
なんと底に卵がゴロゴロ!はい。産みました。驚いたのはその数。13個も出ました。
15時頃エサをやってた時には無く、発見したのが17時。2時間弱の間にボロボロと産み落としたようです。去年は1日おきくらいのペースで1個か2個をポツポツと産んでたのに、今回はごく短時間に一気産み。この違いはなんでしょうか・・
とにかくも急いで温存していた(笑)ハッチライトを引っ張り出してケースにセット。慎重に埋め込みました。床材は王道の水苔にしようか迷いましたが、文明の力に頼ってみました。前回はにわか仕込みの湯煎セッティングで失敗した教訓があります。蒸らさず涸らさずを心がけて管理していきたいと思います。なにしろ前回の持ち腹でさえ、有精卵が確認出来たうえに今回は初夏~盛夏にかけてオスが精を出して交わってくれてましたので否がおうにも期待が高まります。
それにしてもいきなり13個・・ まだ産むのだろうか・・
f0009758_0423885.jpg

by taro460616 | 2007-10-05 00:42 | 爬虫類 | Trackback