<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

渓流デビュー(第一部)

f0009758_11402693.jpg

先週28日(土)、当ブログにお越し頂いているガーラさんに連れられて自身の生涯2度目となる渓流釣りに行って来ました。場所は群馬県の根利川(ねりがわ)。対象魚はイワナです。渓流釣りは十代後半の頃、叔父に連れられて一度行ったことがあるだけで実質デビューのようなものでした。事前に渓流用の竿、ビク、ウェーダー等の道具を揃え気持ちだけは爆釣の予感満々で挑みました。
28日午前1:30頃自宅を出発。関越に乗り埼玉のガーラさん宅を目指します。途中環七でプチ渋滞にはまり、ガーラさんと合流したのが3時頃。駐車場でガーラさんの車に荷物を積み替え、早速出発です。関越に乗り、沼田インターで下ります。通りすがりにあったコンビニで鑑札を購入し、いざ釣り場へ。現地に到着し、ガーラさんは川の状況を確認。「じゃあ行きましょう」と釣り支度を整え川に入ります。するといきなり初心者の私には試練が・・ 川に下りるためには本来立ち入り禁止になっている金網の隙間から入るのですがそこを抜けると、おそらく川の水位調節のために設置してある設備の排水管があり、直径1mくらいの管から怒涛の勢いで水が排出されています。そこをガーラさんはヒョイヒョイと水の直撃を避けるように飛び越えて行きます。私はといえば、あの勢いの排水に突っ込んで足を取られないものか検討がつかず、ただでさえ慣れないウェーダーを履きたどたどしい足取りだったので余計足がすくんでしまいます。でもそこを通る以外道はないので思いきって歩を進めました。直撃を避けるようにホップステップでクリアしましたが思ったより水のパワーがなかったので一安心。そして川に辿り着き辺りを見渡すと、始めの一帯は舗装された堰堤になっていて、腰の高さ以上の段差があったりします。ここでまたウェーダーと腰回りに下げているビクや網により、上るのに一苦労させられることに。初っ端からへたれな自分には予想以上のしんどさでした(^^; ほうほうの体で川の流れに入り、ようやく釣り開始です。ルアー釣りのガーラさんとともにポイントを探っていきます。私は生餌でミャク釣り。ガーラさんはちょっと探っては場所を変え、またそこでも反応がなければ次と、テンポ良く上流で釣り上がっていきます。私はここでもまた慣れない体勢での竿さばきが上手くいかず、そこかしこにあるブッシュに穂先をかけてしまったりと何度も一人でオマツリをやらかします。ラインが0.3など極細仕掛けなので簡単に絡んでしまいます。釣ってるよりオマツリほどきと仕掛けの作り直ししてる時間の方が長かったような・・(^^;
そして次の試練は川へずり。写真を見るとお分かりのように小から大までの岩だらけの川です。上流に向かって釣り上がるには川に入るか岩づたいに歩くしかありません。そんなことは分かってはいたものの、これが予想より遥かに厳しいものでした。岩をつたっていくにもそのルートと、次に足を乗せる石の予測が未経験の私には立たないのです。やっとこさ狙った場所に辿り着いてもそこから次に足をかける石がなかったり、胸の高さほどもある岩をよじ登らなければ向こう側に行けないなどコース取りを間違えっぱなし。川の中を進んでも水が澄んでて底が見えるのですが思ったより深みだったりと散々で、釣り開始1時間足らずで一杯一杯の精神状況でした。ガーラさんに着いて同じコースで足を運ぼうにも、こっちは常に足元を見ていないと歩を進めず、そのちょっとした間にガーラさんは遥か先に行ってしまいます。その移動速度は冗談じゃなく仙人を見ているようでした。さすがだな~と感心しきりの私。
で肝心の釣りの方は・・・まったくアタリなし・・(-_-) 餌をキジ、ブドウ虫、イクラと3種を駆使します(してない)が魚の姿さえ見ることが出来ません。仕掛けが悪いのかポイントの取り方が悪いのか自分なりにあれこれ考えてやりましたが、結論は腕が悪いだけだなと・・(^^; ガーラさんも予想以上の悪状況に苦労してましたが午前7時頃、「釣れた!」と声がかかりました。見せに持ってきてくれた魚は20cmほどの極美ヤマメでした。生餌で釣れない私に対し、ルアーで釣ってしまうガーラさんの腕に感服です。
その後も釣り続けますが、前述同様歩くだけでもままならない私はほとんど釣りになってなかった気がします(^^; 足が疲労し岩を上がるのも辛くなり、滑りやすい濡れた石の上で踏ん張る力も衰えてきました。最後まで転ばなかったのが唯一の救いでしたね。そんな訳で正午頃までやりましたが私はオデコ。ガーラさんは先のヤマメ1匹という結果に終わり、残念ながら狙いのイワナを見ることは出来ませんでした。昼食をとりながらガーラさんが「川を変えましょうか?」と提案して下さったのですが、情けなくも自分には釣りを続ける体力・気力が残っていませんでした(><) すると「では地元に戻って熱帯魚屋でも回りましょうか?」と、この時の私にはガーラさんが仏に見える提案をして下さったのでした。
という訳で、なんとも厳しい洗礼を受けた渓流デビューでしたが、はっきり言って甘くみてました。渓流を。いつも通り単に魚釣りに行くというイメージでいたら大間違い。登山+釣りというのが正解でしょう。日頃運動不足でなまった体を四肢を使って何度となく持ち上げるのです。ビリーズブートキャンプより辛いと思います・・(私感)
何回も釣行を重ね経験を積むことで順応していけるのは分かります。「最初は僕も辛かったですよ」と言ってくれたことも頷けます。それでもガーラさん、あなたは凄いっス!
でも今はまだ「また連れてって」とは言えない・・
店回り編は第二部に譲ります。ハァ・・

景観抜群の川  でも見とれてる余裕など全くなかった・・
f0009758_11414091.jpg

遥か向こうでガーラさんが手を振ってくれてるのが分かりますか?(泣)
f0009758_11415655.jpg

へばって休憩中の僕の竿で試すガーラさん 彼はタフマンです
f0009758_11424631.jpg

ガーラさんの愛車 FC3S後期型
f0009758_11443093.jpg

by taro460616 | 2007-07-30 11:58 | その他 | Trackback  

JRS

いよいよ国内最大の爬虫類イベントが近づいて参りました。ジャパンレプタイルズショーです。
今年もツインメッセ静岡で8月4日・5日に開催されます。今回は「世界のカメ展」というのが目玉企画のようで、カメの数が多いことに期待してます。また何かに翻弄されるのだろうか・・ でも「これは!」というのがいたら持って来ますよ~(^^) その上で以下を肝に命じて・・ イベントの雰囲気に呑まれて安易に買わない!買わないはず・・買わないかも・・買わないかな・・
どうなることやらです。
ジャパンレプタイルズショー

by taro460616 | 2007-07-27 09:55 | 爬虫類 | Trackback  

バンピラちゃん

狭~いところでカレイとお見合い中だったバンピラも、ようやく本調子なエサ食いに戻り、子赤なら一晩で30近く平らげるようになりました。しかもナマズは消化が早いので、与えた日はバルーン状態でも一晩で元のお腹に戻ります。この調子でもう少し太らせてから広いところに移してやろう。でも咲ひかり食わないんだよな~・・ スパルタが足りないのかしら(^^;
f0009758_1642185.jpg

by taro460616 | 2007-07-20 16:42 | 熱帯魚 | Trackback  

ジャングル探検終了

前回の日記通り、「大ジャングル展」に行ってきました。
予定より遅れて10時過ぎ現地に到着。合流を約束していたガーラさんは既に来られてました。
お待たせしてすみません。
挨拶もそこそこに場内を一緒に見て回ります。展示している生体は期待していた内容とは大きく違い少しがっかり・・。どこもかしこもアロワナです。唯一会場の中心付近に世界の珍魚10種と称して、ベイのオーナーが選出したらしいネオケラ、エンドリ、RTC、カラープロキロ、ナッテリーといった、熱帯魚をやってない人向けの珍種(笑)が入れられた水槽が10本並んでいましたが、あとは全てアロワナです。
その他、玉神輝美の熱帯魚絵画と世界の淡水魚切手が展示されてましたが、期待していた切手などA4サイズの額に数シート入れられたものが4、5点だけ。この展示品は無理としても、熱帯魚の切手の販売でもあるのかと思ったらそれもなし。出店していたアロワナショップ数店の名前が入った即席製作の切手シートが売られてましたがそんなの全然欲しくないし(^^;
ま、こんな状況なので久し振りにアロワナもじっくり見るか・・と気を取り直してアジアの鑑賞で時間をやり過ごすことに。よく名の知られたアロワナショップが軒を連ねて出店しています。その中でアクアルビーが持ってきていた過背金のベビー1匹は素晴らしい個体でした。値段も素晴らしいものでしたが帰り際にもう一度見ておこうと寄ったら、なんとその個体だけ売れたようでいなくなってました(^^; いや~やっぱり好きな人がいますね~
最後に来場者によるアロワナコンテストのブースに回ります。赤と金それぞれ10本づつの個体が展示されており、イイと思った個体に投票するというものでした。
その後、ガーラさんと場内のレストランで一休み。ここでじっくりお互いの正体を明かしてすっかり打ち解けました。そして「このイベントじゃ消化不良だね~」ということになり、急遽埼玉のアフリカに行くことに。アフリカでこれまた急遽青い空さんにもお越し頂き、クルマで数店のショップ巡りをして頂きました(^^)青い空さん ありがとうございました!ガーラさんも満足されたようでとても充実した一日となりましたよ~(^^)
次回は朝一からコースを決めてお腹一杯になるまで回りましょうね!

今回写真は何も撮ってません・・・(^^;;;

by taro460616 | 2007-07-17 14:12 | 熱帯魚 | Trackback  

今度はジャングル

f0009758_14565478.jpg

今週末は3連休です。この連休中にまたもイベントがあります。
今度は熱帯魚ですね。「大ジャングル展」と銘打ったこのイベント、大型魚・珍魚・アロワナ・昆虫・魚ネタの絵画・切手といったものが展示されるようです。場所は東京大手町とわりと近いので土曜日に行ってきます。詳細は週明けに・・
大ジャングル展

by taro460616 | 2007-07-12 15:05 | 熱帯魚 | Trackback  

ペンシルバニア

先日GETしたペンシルバニアドロガメのPrに続き、もう一頭オスを単体で仕入れました。
格安だったのでおもわず手が出ちゃいました(^^;
今回のは甲長8.6cmと、すでにいるオスより一回り小さいサイズです。全く物怖じしない個体で、首の付け根などに触れても首を引っ込めません。ドロガメは手に持つと首・手足を引っ込めて萎縮してしまうのが多いですが、こいつは非常にアグレッシブな個体です。
タートルプディングでガンガン成長させよう。やっぱりペンシルバニアはカッコイイ・・
f0009758_11184320.jpg

f0009758_1118559.jpg

f0009758_111974.jpg

by taro460616 | 2007-07-11 11:20 | 爬虫類 | Trackback  

釣り(ヘラブナ)

7日(土)に久々の釣りに行って来ました。
釣りに出掛けるときはいつも夜中の1時~2時に出発します。そして場所にもよりますが現地に3時半~4時半着くらいを目指します。釣り座について仕度をしてると夜明けを迎えるといった感じです。
現地に着くと、濃霧・霧雨のコンディション。そしてかなり気温が低く半袖じゃいられないほど。
こりゃあんまり良くないかも・・
今回の仕掛けは、竿12尺・道糸0.8号・ハリス0.4号・上ハリス35cm・下ハリス50cmでスタート。タナは約3.2mで深宙のチョーチン。ヘラをやる人じゃなきゃさっぱり分からないと思いますが、一応エサも書き留めます。マッハ400cc・パウダーベイトヘラ200cc・浅ダナ1本200cc・ダンゴの底釣り夏100cc、これを粉のうちによく混ぜた後、水200ccで作ります。去年あたりからこの4種のブレンドが勝負エサになっていて、どこに行ってもいい結果を出せています。
午前4時50分釣り開始。両ダンゴで、ウキがなじんだら切るという早い手返しで30分くらい打っていきます。その後はなじんでからの返し、エサ落ちまで待つ。これで2時間経過しても触りすらない状況。同じ桟橋に乗っている他の釣り人も全く竿を絞りません。もじりも皆無。予想通りかなり不良なコンディションです。午前8時を過ぎても気温は変わらず肌寒く、おまけに雨も強くなってきました。雨はいいとしても低気温で魚の活性が低いのは間違いない状況です。それでも辛抱強く打ち続けていると、午前9時頃ウキにほんの少し変化がありました。触りと、モヤモヤが数投続きましたが、食いアタリがどうしても出ない。ダンゴを食い切れる状況じゃないと判断し、ハリスを変更。上20cm・下50cmと段差を付け、下バリも食わせ専用の1号とサイズを一気に落とします。そして食わせはオカメに。これで再開してからの僅か2投目、いきなり3目盛くらいスパっと目の覚めるようなアタリ!すかさず合わせると糸鳴りとともに引き込まれます。ようやく来ました。オデコを免れた安堵感で一杯になります。型は8寸くらいでした。ところがその後が続きません。再びウキはウンともスンとも言わなくなりました。天候も回復の兆しが見えず降ったり止んだりでず~っとどんよりした曇り。結局、上ダンゴ・下オカメのセット釣りで、ハリスの長さを何回か変えたりして最後まで通しました。17時半まで続け結果は5枚。疲れました~(><)
頭も使ったし、13時間以上ぶっとおしで体はコチコチでグッタリです。
これでも同桟橋で釣っていた6人の中では竿頭。3人はオデコで2人は1枚づつという釣果でした。こんな渋い状況でしたが、今回のデータを次回に生かしたいと思います。
それにしても疲れました・・。

一日中悪天候の中粘りました
f0009758_13482331.jpg

開始から約4時間かけて釣り上げた1枚
f0009758_13495512.jpg

by taro460616 | 2007-07-09 13:53 | その他 | Trackback  

メチニス

昨日はエサの買い出しに行きました。そこで好きな魚種、メチニス(というか全てミレウス属)に遭遇。サイズも良く、しかもまた見たことのないタイプが一種混じってました。値段も相場の4~5分の1と激安。結局3匹まとめてお持ち帰りです(^^)メイン水槽がメチの群泳水槽になりつつある・・

定番のレッドフック。橙斑が現れ始めた良個体。この斑の出具合には諸説あり、雌雄差だとか個体差とかイマイチはっきりしません。古くからのマニアによれば、やはりオスに斑の出が強く現れ、その上で個体差も激しいとのこと。
f0009758_10401150.jpg

バンデッドメチニス(M.schomburgkii) 最近入荷してるバンデッドは殆どこのタイプ。バンドは細く、成長と共に橙斑が現れます。反対に、バンドが太く体型がピラニアのPygocentrusに似てるタイプは全く入荷が無い状況です。
f0009758_10493879.jpg

そしてこれが今回の珍メチ。上のM.schomburgkiiとバンドの入り方や体型は酷似していますが、腹部に紫色のスポットが入ります。これは初めて見ました。そして尻ビレの形状も違います。上の個体のレッドフック形状ではなく、真ん中がエグられるショート形状。エラブタ部分にはブラックスポットが入ります。この尻ビレは太バンドのM.schomburgkiiと同じタイプのヒレですね。
f0009758_10583568.jpg

f0009758_10584511.jpg

相変わらずメチは奥が深いな~ だからコレクションに拍車がかかります。我が家も気付けばかなりの数になりましたが11個体中、明らかに違う8タイプもの種に分けられる始末です。

by taro460616 | 2007-07-02 11:08 | 熱帯魚 | Trackback