<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

Gオスカー

昨夜、エサやりの時に写真が良く撮れたので載せておきます。
興奮状態になると赤みの範囲がとても広がります。日に日にパワフルさを増してるこの魚、のちの1200での混泳を可能にしてくれるだろうか・・。不安。
f0009758_961775.jpg

by taro460616 | 2006-11-30 09:06 | 熱帯魚 | Trackback  

絶好調です

レイマニですが導入直後の拒食などで皆さんには色々とアドバイスを頂きありがとうございました。今ではエキスパンサに勝るとも劣らない餌食いを見せています。糞も人の親指1本分くらいのを排泄します(^^; 環境に馴れさせることが第一歩である爬虫類飼育のセオリーを忘れていた感じです。まして抱卵中のアダルト個体だった訳だし。そして産卵した卵ですが、4個あるうち早く産んだものから白い部分が広がってきています。最初に産んだのはほぼ全体が真っ白になりました。最後に産んだのは中心の一部が白くなってます。知識がないので、腐ってしまってるのかと思いましたが、エクストラクリーパーのジーベン繁殖記事を読み返すと卵は白濁が始まると書いてあり一安心。現金なもので、かかっている卵なのかな~と淡い期待を持ってしまいます(^^;) 卵を撮影しても一様に白く写るだけで白濁の程度が全く表現しないので生体載せま~す(^^)
f0009758_1062443.jpg

f0009758_1064498.jpg

f0009758_10135216.jpg

以下画像12/1追加
f0009758_10264327.jpg

by taro460616 | 2006-11-29 10:07 | 爬虫類 | Trackback  

現地名パクー

昨日は久し振りにPDに行ってきました。前回の来店から1年以上経っていたので「何か入ってるかな~」と楽しみでした。で、結果はいつも通り目を引く収穫は1、2個体だけ。その一つがディスケウス。マユゲエイです。本館の背高水槽にBアロワナと一緒に入ってました。マユゲは割りとコンスタントに入荷してますが、今回見たのは何しろデカイ・・。体盤長50cmを超えてそうなサイズでした。マユゲのこのサイズは初めて見ました。やはり尾は切れてましたがこのサイズなら仕方ないですね。値段は10万をわずかに切るお馴染みの価格。大型水槽があってマユゲを探してる人にはいいんじゃないでしょうか。
あとはギニアのエンドリが4本いて、その中の1本でいい顔のがいましたがオスだったので購入せず。値段も高かったし・・。目に付いたのはそんなところです(^^;
でも・・せっかく来たから、ということで1匹お持ち帰りしてきました。自分の水槽に招くのは15年振りくらいになりますが、メチニスを持ってきました。バンデッドメチニスです。一般にレッドフックやバンデッドで売られている種を合わせ、産地別にも4種程のメチニスが在庫されていました。こういうマイナー種が複数のバリエーションから選べるのはPDならではです。置ける在庫に限りのある一般店ではまず入荷しないでしょう。その中から購入したのは、M.schomburgkiiというバンデッドメチニスの一亜種です。現地では30cm以上になる中型カラシンです。昔のALなどに「これがメチニス!?」と思うような極美成魚が載ってますが、そこまでの成長と発色に仕上げる事が出来るか・・。人気のない魚なので長期間売れ残っていた感じ。成長してくれればいいけど・・。ガンガン餌やりと水換えしてみよう。
我が家で入れられる水槽は先日来たオスカーのとこだけ。入れたらオスカーに殺されるのは必至なので、職場の水槽で飼いま~す(^^;
f0009758_11472314.jpg

f0009758_11473850.jpg

by taro460616 | 2006-11-27 11:52 | 熱帯魚 | Trackback  

成長早い~

飼育開始から2週間経過したGオスカー、目に見える成長を遂げています。尻尾1枚分くらいは大きくなりました。非常に大食漢です。毎日小赤1匹、日2回の人工餌を平らげてます。
シクリッドは全般的にエサの消化吸収がとても早く、短時間ですぐ次のエサを求めてきます。その為、仕事中なども常に水槽のそばに居れる方にとっては育てる上で好環境といえます。自営業でもなきゃ無理ですが・・。そういう方が日3回以上の適切な給餌をして飼うと、想像以上にデカク育ちます。具体的な魚種として、底棲シクリッドのレトロクルスやゲオファーガスの類は常時エサを求めているような魚で、大きく育てるのが難しい傾向にあるんですが、こういう頻繁な給餌が出来れば、巷では見ないサイズに育てられると思います。
話しが逸れました(^^; オスカーもすぐに腹が減ったよ~となるんですがこの種の場合は太り過ぎに注意ですね(^^;
f0009758_1410457.jpg

by taro460616 | 2006-11-22 14:10 | 熱帯魚 | Trackback  

産んだ!

毎度レイマニの記事ばかりで見て下さっている方には恐縮ですが、飼育記録を兼ねているのでお許しを・・

昨夜就寝前の深夜1時頃、レイマニ水槽を見ると後肢付近に白い物体を発見!はい、産みました。卵でした。こりゃイカンとすぐに取り出す。水中産卵なのでもう意味はないけど一応上下が変わらないよう慎重に行う。水苔を熱湯消毒し湿らせてプラケにセット。パネルヒーターの上にプラケを置きました。とりあえずこれでいいかな。卵のサイズを計測したところ、31mm×20mmでした。夜半から深夜の間に産んで水中にどのくらいの時間あったのか分からないし、見込みある卵なのかは全く不明ですが、当然捨てることはありません。明日の休日は空いてる水槽を使ってもうちょっとマシな孵卵器を作ってみよう。
そして今朝、スポットライトと蛍光灯を点けた後、様子を窺うとなんとドジョウを追ってる。例のジャブを盛んに繰り出しています。よく見ると、昨夜10匹(入れた時の数)いたドジョウが5匹に!!しかも半分に食いちぎられてるやつまでいる。そしてスジエビの数も明らかに減ってる。すごい食ってる~~~~~\(^0^)/ 産卵して腹減ったのかな~とか、産卵前だったから食わなかったんだな、とか勝手に解釈・・(^^;
我が家に連れてきて1週間足らずにもかかわらず、散々エサ食いの件でやきもきさせられましたが、結果を急ぎ過ぎてたんですね。癖のあるカメという認識は持っているつもりでしたが、やはり多少なりともエキスパンサのような感覚を持って接してた自分に反省・・。
今後も様子観察を続けて、より快適に暮らしてもらえるよう精進します(^^)
f0009758_10135677.jpg

f0009758_10141025.jpg

by taro460616 | 2006-11-22 10:14 | 爬虫類 | Trackback  

食いました

レイマニ、食いましたよ・・ええ、ええ、確かに食いました(-_-)牛ハツを。
昨夜の給餌チャレンジ、この前成績の良かった牛ハツを選択。でもどうせ食わないだろうと、3個(1個は5mm~1cm角)だけ投入。するとさすがに空腹なのか食い始めました。しかし!パクッパクッといっても咥えられない・・。口のあけ方が非常に小さいのでコロコロと動いてしまう牛ハツに逃げられてしまうのです。牛ハツ相手に頭でジャブを打ってるようなもんです(^^; そこで牛ハツを水槽壁面に寄せ、パクッといった時に前に行かないようにしてやりました。するとようやく咥えました。が、その食い方が・・ 自分の頭より遥かに小さい牛ハツを一度に呑むのではなく、牛ハツのカド数ミリを咥え、手を使いながら引きちぎり、少しづつ少しづつ食べていくのです。あんなに頭デカイのに・・。エキスパンサなんかまだあんな華奢なのに10個くらい凍ったまんまの塊を1、2分で平らげるのにな~。そして結局2個の牛ハツを15分くらいかけて食いました。咥える→頭よじる→手で引きちぎる という一連の動作に疲れたようで3個目はいきませんでした。
ま~なにしろやることの全てが消極的なカメです。改めてそう思いました。
さらにとても陰質なカメということも分かりました。先日水換えの時ですが、今使っている陸場がタートルドックという浮き島タイプなので水量によって位置が上下します。水を抜いて陸場が下がった時、その陸場の下がシェルターのようになり、そこからずっと離れようとしませんでした。そして画像も載せますが、普段もポンプの脇の狭いところが常駐ポジションです。また、ポンプの下の隙間に頭をこじ入れようと頑張ってみたりと狭いとこ狭いとこに行こうとする行動が見られます。おそらく自然界では倒木などのストラクチャーに身を隠しているのが普通のカメかもしれません。この90水槽の環境に馴れてくれるには相当の時間がかかりそうです。馴れてくれれば楽になるかな~(T_T) 少しでも落ち着いてもらうため、スジエビとドジョウは全て取り出してみよう・・ ま、とりあえず一歩前進。
f0009758_9371143.jpg

頭の奥にあるのがエサの牛ハツです。こんな小さいのに・・
f0009758_938284.jpg

住居全景です
f0009758_9385882.jpg

居場所はいつもここ・・頭隠して尻隠さず エビにたかられてる・・

by taro460616 | 2006-11-21 09:39 | 爬虫類 | Trackback  

食わん・・

週末土・日はずっと家に居ました。マラソン、ゴルフのダンロップフェニックス、マイルチャンピオンとテレビ鑑賞しながら、ちょこちょことレイマニの相手をしてました。相手というか給餌を色々と試してみました。結果から言ってしまうと・・これから長い戦いになりそうです(T_T) かなりハードルの高い飼育に踏み込んだようです。そこで今後、レイマニの飼育で行き詰まるであろう方に少しでも参考にして頂けるよう、経過を細かく報告していきたいと思います。それが出来るまで落とさなければ、の話しですが(^^;

土曜日
導入時、水槽等が中古品とはいえセットしたてだったので水換え実施。その後、牛ハツ(冷凍)の1cm角大を投入。熱帯魚用に市販されている滋養が添加されたものです。鼻先に落としたところ、すごい反応・・入れた瞬間から彼女の目は牛ハツに釘付けです。そしてパクっと行きました!!が・・GETできず(><) エサ取り自体もエキパンとは正反対でとても下手です。原因としては、「パクっ」の時、あまり口を大きく開けないことですね。これじゃ生き餌なんか食えるわけないや・・。そして一回でGET出来なかった牛ハツ、その後臭いは嗅ぎに行きましたが食おうとはしませんでした。牛ハツに関しては翌日曜日も試し、ピンセットで目の前に持ってったりしましたが断固として口にしてくれませんでした。

日曜日
レイマニ水槽に30個ほど入れてあるタニシ。どれも1~1.5cmの大粒です。水槽の全面を日夜掃除してくれてますw この数日見た限り、これを捕らえてバリバリと食べるようなことは絶対になさそうです。そこで、1個砕いてみました。底面にいたやつをそのままプレスし、グシャっと・・。中の身と汁が適度に露出し食欲をそそるかな、と。そして鼻先に・・。臭い嗅ぎました。そして・・プイッ(T_T) 気に入らない様子。次はタニシを取り出し、千枚通しを使って中の身を取り出しました。タニシをこんなことするのは初めてですが、じっくり手にしてみて意外に感じたのは殻が想像以上に硬い。小粒のものと違って指で潰せるような外殻じゃありません。プレスした時も確かにかなりの圧をかけなければ潰せませんでした。こりゃカメじゃワニかカミツキでもなければ潰れないだろ、って感じ。で、身だけになったものを鼻先に落としました。無反応・・。ダメだこりゃ。

とこんな訳で、摂取物なし。同居してるスジエビ、ドジョウの数にも変わりはないし・・。さて次はどうしようか・・。期待薄ですがキャットやレプトミンを試して、魚の切身、店でやってたという牛肉の赤身、ピンクマウスかな~。牛肉の赤身を食ってたというのは、牛ハツに示した反応を見る限り、好みなのかもしれません。この辺がヒントなのかな。あとは、小さな単体のエサではなく、魚なら丸ごと1匹や牛肉ならある程度の大きさの1枚丸ごとなどを与えて、少しづつ齧り食いするのを狙うかな。実際に自然界ではこういう摂餌が多いだろうし・・。でもこれだと餌やりの度に水換えだなw その他、リクガメに与えてる葉物の野菜類や果物なんかも試す価値はあるのか・・。ま、ただでさえ神経質な種の上、出来上がってしまってるアダルト個体を手にした宿命ですかね。
今後も色々と試行の上、報告します。はぁ~(-_-)

by taro460616 | 2006-11-20 10:51 | 爬虫類 | Trackback(1)  

レイマニの経過

昨日、レイマニ水槽にエサを投入しました。・・その前にセッティングの紹介を。

水槽:アクリル90cm
濾過:上部式
循環:Rio1400
照明:日中バスキングスポット75w 夜間ムーンシャワー100w 蛍光灯パワーUVB30w
浮き島タイプの陸を入れています。水深は約25cm。水温は28~29℃にセット。

昨日入れたエサは、スジエビ約50匹、小ドジョウ約10匹、大粒タニシ20個(直径2cm前後)。
投入後しばらく見ていましたが、やはり手強いです(^^;; 各エサに対し臭いを嗅ぎには行きますが、口にしない。店でストックされてた時はピンクマウス、牛肉の赤身をやっていて細々と食べていたとのこと。カメにピンクを与えるのは好きじゃないので、何とか他のエサに餌付いてもらいたいものです。細々でいいから、今入ってる生き餌が減っていって欲しいな~。今日は牛ハツの刻みを試してみます。エキスパンサが爆食ガメなので、余計少食に感じてしまいます。今まで何を食ってここまでデカクなったんだろう・・?
行動の様子ですが、ボトムデュエラーといった感じで水中では鼻先で臭いを嗅ぎながら水底をゆっくり這うように移動します。浮き島にもよく上がります。
こんな感じで予想通り給餌に悩まされそうですが、じっくりやっていこうと思います。
f0009758_11334799.jpg

by taro460616 | 2006-11-17 11:33 | 爬虫類 | Trackback  

曲頚No.2

我が家で2頭目の曲頚ガメが来ました。前フリしておりましたが、そのカメとは・・。
レイマニーです。今はきちんと呼ぶようになってますので改めて「ライマンナガクビガメ」です。
でも、このカメを初めて見た頃(15年程前)は誰もがレイマニーと呼んでいたので、今もその呼び方をしてしまいます。実はレイマニーは今から10年くらい前、飼ったことがあります。12cm前後の亜成体でしたが、結局死なせてしまい、今回はリベンジの飼育です。CBベビーがコンスタントとはいかないまでもよく出回っている種ですが、やはり甲ズレ個体が多いのと、MAXサイズまで育てるのが一筋縄じゃいかないカメだと思います。今回見つけたのは甲長20.3cmのフルアダルトです。甲ズレ、爪トビなしの完品でした。現物を先週見に行って即売約。先程昼休み中にダッシュで持って来ちゃいました(^^;
GETしようと思ったきっかけは、何しろデカイということ。エクストラクリーパーに某ショップのやはりフルアダルトの写真が出てましたが、このサイズの実物を見るのは初めてでした。この種のハイライトである大きな頭部にすっかりやられました。以前けろきさんがアダルトの頭は圧巻です・・と言われていましたが、全くその通りで、見た瞬間に「連れて帰ろう・・」と思いました。次に、値段です。安かった・・。このサイズなら十分納得の値段でした~。店長さんありがとう。
売約を打った前日、店で産卵したとのこと。2個産んで、しっかりキープされてました。うちでも産むかな~。かかってるかは不明だけど・・。でもこのサイズあるとどっかで交尾経験あることを期待しちゃうんですよね~(^^; さっき撮影の際、腕を散々引っ掻かれましたが、非常にパワフルです。ミミズ腫れから血が滲んでます(T T)。四肢がとても太くがっちりしていてトルクの塊といった感じです。
そんな訳でやってきた大きなレイマニー、エキパンより神経質なことも、比べようもなく少食なのも分かってます。大切に飼っていこうと思います。
f0009758_16351438.jpg

f0009758_16352918.jpg

f0009758_16354417.jpg

f0009758_16374577.jpg

f0009758_16361035.jpg

f0009758_1520385.jpg

ZOO MEDのTurtle Dock(浮き島)で休んでますが体重が重過ぎて沈没してますw 他の陸アイテム考えなくては・・。

by taro460616 | 2006-11-15 16:38 | 爬虫類 | Trackback(1)  

受入れの準備

今日は仕事が終ったら飼育器具を買いに行きます。実は今週、新顔の生き物が我が家に来る予定です。モノはカメなんですが、持って来たらまた載せます。水槽は90で上部濾過というエキスパンサと同じセッティングで迎え入れることにしています。水槽と濾過箱は中古品を押さえてもらってます。あとはRioポンプとヒーター、陸場といったところを仕入れます。今回のは種類自体はそう珍しいものじゃないんですが、違う面で入手しづらいものなので大切に飼育したいと思います。

話しは変わって、ウォーターハウスに多数のポリプ等色々と入荷したようです。早速見に行ってみるかな(^^) ギニアのエンドリに期待・・。

by taro460616 | 2006-11-14 10:07 | 熱帯魚 | Trackback