<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

閉店

皆さんとも何回か話題になった、吉祥寺の老舗熱帯魚店が閉店しました。創業40年でした。
20年くらい前から珍魚・怪魚に力を入れだし、その後は完全にその手の魚のみを扱う店になりました。それまでは小型魚やディスカスも置いていて、現在定着している珍・怪専門という雰囲気ではなかったようです。私が初めて来店したのは15、6年前ですが、まだディスカスにも力を入れていて大型魚7割、ディスカス3割という在庫だったのを憶えています。
最近はHPの在庫状況や広告掲載の様子から、かなり厳しい経営状況だと感じていましたがまさか閉店するとは・・驚きです。
でも、店が潰れたというのとは少し違うかもしれません。この店は、これまでこの業界において珍・怪専門ではここまで名を馳せた、名店といってもいい店でした。それがバブル崩壊とともに観賞魚業界も下降線を辿り、いまや大手ショップの大量仕入れ・安売りによる売り方がこの業界の基準となった感があります。同時にそれまで高級魚だった種も軒並み安価となって、1点物などよほどのレア物でなければ高値では売れなくなります。それでいてそんな珍しい生体がコンスタントに入荷するわけもなく、高級魚・高値売り専門できた店にとっては致命的ともいえる風潮になっているのだと思います。でも個人経営の小さいショップがそれに足並みを揃えるのは無理がありますし、また揃える気もなかったのかもしれません。安売りばかりに走る商売なら辞めた方がましだと・・。あの店主を知ってるだけにそんな気がしてなりません。
そういう私自身も、最近ではこの店で魚を買おうとも思いませんでしたが(値段的にも魚の質的にも)、ああいう古い店が無くなるのは寂しい限りです。店の広さは4、5坪(8畳間程度)と多分日本一小さい熱帯魚屋だったと思います。店内に入ると何とも懐かしい匂いとともに、全てオールステン枠で接着も青・赤パテの水槽、薄暗い照明、極小のガラスカウンターに立つ親父が客を迎える仕草など、まさしく古き良き昭和の時代を感じさせる店でしたよ~(泣)
でも長年に渡りあれだけの高級熱帯魚をさばいて、あれだけ儲けてきた親父さん、彼は売る側ではあったけれど、熱帯魚に対して一番感謝しているのは彼だと信じたいですね。
最後にもう一度行っておけば良かったと思います。

by taro460616 | 2006-07-27 11:33 | 熱帯魚 | Trackback  

カエル

以前ご紹介したソバージュネコメです。2匹仲良く会社で飼育していますが、通常サイズのコオロギを食べるようになり一回り大きくなりました。
スローでコミカルな動きで社員の癒しの対象になっています。水への依存度が低いカエルらしくクル病にかかることがあるとされるので、餌のコオロギにはカルシウムパウダーをふりかけ、紫外線灯も設置しています。成長速度はあまり早くないことが分かりましたが、手の平サイズにすべく大事に飼っていこうと思います。
f0009758_9504785.jpg

f0009758_951390.jpg

f0009758_9511789.jpg

by taro460616 | 2006-07-21 09:51 | 爬虫類 | Trackback  

釣り

昨日は有給を取って釣りに行って来ました。我が家の近所にあるヘラ専門の釣具屋のマスターとその常連さん達と計5人での釣行でした。場所は埼玉県児玉にある「間瀬湖」。私は初めて行きました。今回はボートは使わず、桟橋でやりました。約10席ある釣り座を一つ飛びで5人で占拠しての釣りとなりました。連れていって頂いた4人は全員60歳以上で自分の親父みたいな歳の方ばかりです。でもそこはやはり同じ趣味を持つ者同士、ヘラの話しになれば年齢差など関係ありません。実際の釣りでも皆さんさすがベテラン揃いで、勉強になる所がありました。
そして釣果は・・・今回フラシ(釣った魚をキープしておく網)は出さなかったので、私以外はカウンターを打っていました。私は記憶のカウンターで30枚くらいでした。5人の中では2位のようでした。環境も良く、型のいいヘラにも逢えてとてもリフレッシュ出来た1日となりました!
f0009758_11413596.jpg

f0009758_1142815.jpg

f0009758_11422338.jpg

天気はあいにくでしたがいい環境です
f0009758_1146860.jpg

釣り座の様子   先日オークションで落札した竹竿もおろしました(喜)
f0009758_11432239.jpg

尺上です。これを釣った後、もっと大きいこの日一番の型を釣ったのですが写真撮り忘れました(汗)

by taro460616 | 2006-07-13 11:46 | その他 | Trackback  

ゴスリニア

今回は私が初めて飼う魚をご紹介します。ゴスリニアです。
ピメロドゥス科の流線型ナマズは昔から好きでしたが、ポリプやトゲ系大型プレコの飼育暦が長いので、あのような柔肌の魚はどうしても敬遠しがちでした。これまで飼ったのは、タイガーシャベルとゼブラキャットだけです。タイガーシャベルは東南アジアのブリード物ばかり流通してるさなか、近所の店に20cmくらいのリオナナイ産ワイルドが1匹入荷し、そのカッコよさに惹かれ購入した事があります。ゼブラキャットは私が魚を始めた頃はまだ80万とか付いてました。サイズの大きい個体しかいなかったのもありますが、やはりまだ極少数の輸入しかなかった頃です。
近頃はベビーなら1万円くらいで売っていることもあり、私もそんな値段で買いました。30cmくらいまで育てた後、出してしまいましたが成長とともにバンドが形成されていく様はやはり鑑賞ナマズの王様といった感じでした。
そして今回のゴスリニアですが、先日bicudaさんとこからやってきました。彼のところではタライロンとバクーペドラという大食漢な魚が飼育されており、おとなしいゴスリニアに餌が全然回らないとのことで放出となりました。ゴスも以前から好きでしたが前述の理由と、この仲間では高価な種だった為、購入したことはありませんでした。現在30cmを少し越えたサイズで、bicudaさんちからの輸送ダメージを癒しているところです。メイン水槽に入れたいところですが、癖の悪いアメシクが入ってるので、ゴスのヒゲやフィラメントを考えると無理ですね。また何かを出すことになるのか・・・(謎)
f0009758_9344370.jpg

f0009758_9345825.jpg

f0009758_9351216.jpg

by taro460616 | 2006-07-11 09:36 | 熱帯魚 | Trackback  

エキスパンサの経過

我が家の一員、エキスパンサはその後も爆食、急成長を続けています。飼育している水槽がアングルの下段で暗い為、水槽内でいい写真が撮れません。照明など工夫すればいいのですが面倒なので・・手に持った写真ばかりです。
相変わらず小赤100、スジエビ100、小ドジョウ50がほぼ3日でなくなります。それを週1回のペースです。ですので4~5日はエサが無い状況となります。なくなって1日経っただけでエサくれ~という動作が始まるほど消化も早く、食欲も旺盛です。これまで飼ったカメの中でも比べるものがないほど大食漢のカメです。現在、甲長17.5cmです。
頭部も発達してきてより厳つい顔になってきました。頭部は、甲幅とともにエキスパンサのハイライト部分と思っているので、甲殻類の給餌は続けようと思っています。
f0009758_11141619.jpg

f0009758_11143693.jpg

f0009758_11145117.jpg

追加画像
f0009758_8393282.jpg

f0009758_8394857.jpg

by taro460616 | 2006-07-04 11:14 | 爬虫類 | Trackback  

ペーシュ

以前、ペーシュの歯の事で書いたと思いますが、大きいエサなどを咥えた時の負荷で歯が外に出てしまってる姿が撮れましたので載せます。
ご覧の通り、根元から方向が捩れてしまいます。今回、口は完全に閉じれているので苦しい様子はありませんがいずれにしても見苦しいですね。魚自身も違和感が強いのか、しきりに水槽面に口先を擦り付ける動作をします。そのせいで鼻が白くなっちゃってます。近日中に抜け落ちますがそれまで我慢してもらいます。
f0009758_15582666.jpg

by taro460616 | 2006-07-03 15:58 | 熱帯魚 | Trackback  

愛車

f0009758_10523178.jpg

f0009758_10531085.jpg

f0009758_10532755.jpg

f0009758_10533918.jpg

洗車をさぼって汚れてますが・・ランチアデルタインテグラーレのコレツィオーネという限定モデルです。デルタが生産中止になる‘95の最終ロットで、当時ランチアの正規ディーラーであったガレージ伊太利屋が、最後を飾るべく日本向けの特別仕様を、とランチアにオーダーして世に出たモデルと言われています。250台限定で、僕のは172/250です。
現在の欧州車は、各メーカーとも大手自動車メーカーの傘下となり一昔前とは段違いの品質基準で作られてますので、国産とほとんど変わらない感覚で乗れます。フェラーリやランボにしても故障とはほぼ無縁のレベルでしょう。それくらい高品質となっており、今となっては「外車=壊れる」というのは全く当てはまりません。
ところが僕のデルタや、この頃作られた欧州車になると、まだ低レベルの製作工程で作られていたのでやはり故障とは背中合わせです。特にデルタは‘80年代初頭から‘95まで延々と焼き直しされてきただけですので、あくまで基本設計は20年以上前のクルマです。幸いにも僕のデルタは、深刻なトラブルは一度もなくきています。ちょっとしたことはいくつかあります。例えば、溶接部の錆の腐食によるマフラーの脱落、パワーウィンドウの動作不良、リアハッチの施錠不可、オイルパンからのオイル漏れなどで、デルタでは当たり前にやってくる不具合程度です。走行不能で立ち往生になったことなどはありません。当たり個体であったことも確かですが、やはり定期的かつ短期サイクルでのメンテナンスは不可欠で、デルタ最大の鬼門と言われるタイミングベルトをはじめとするメカ回りの定期交換・メンテは欠かせません。来月何回目かの車検を迎えるんですが、タイベルなどのベルト類、オルタネータ、ブレーキ・クラッチマスター、全油脂類交換、内装のスイッチ類修理などなど・・総額40~50万はかかるかなと(涙)。
ま、この唯一無二のスタイル、乗り味に惚れて乗り続けてる以上こういう出費は仕方ないなと思っています。僕は性格上、新しい物絶対主義なので以前乗っていた国産スポーツ4駆などに乗っていると、新型が出るたびに買い換えたくなってしまいます。そういう点では二度と手に入らないという意味でデルタを大切に出来ますし、ずっと乗っていこうとも思えるのです。峠ではまだまだ引けを取りませんが、高速では国産最新鋭に仕掛ける気も起こりませんので安全だし・・(笑)

by taro460616 | 2006-07-03 10:54 | その他 | Trackback(1)