<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

初公開!常連様の魚

f0009758_13111861.jpg
f0009758_13113277.jpg

いつも遊びに来て下さってるハイブリッドさんから、ペーシュとダトニオの画像を頂きました。
ありがとうございます!皆さんもじっくりご覧下さい。
よく太ったアルマータスと、綺麗にバンドが揃って体高の出そうなダトニオです。ダトニオは最近どこでも値段が高くなってきてます。以前のように爪の大きさくらいのベビーの大量入荷が見られません。入荷するのはどれも5、6cmのベビーばかりです。そのサイズだと今は1万円近くなっちゃいますね。この現象の一端には、超人気魚のダトニオなので商業的な出荷コントロールの匂いも感じられます。現地タイで保護がかかっているのは確かなようですが、他産地のものも含め買えなくなるほど輸入量が減っている感じもしません。まさに需要と供給を絵に描いたような魚ですね。東京近郊のショップでも、逆に20~30cmの個体が割と安く売ってたりします。ダトニオの生涯のエサ代を考えると1万くらいのベビーを買うより、大きい個体を買った方が全然お得だとも考えられますね。

by taro460616 | 2006-03-30 13:39 | 熱帯魚 | Trackback  

ハラガケ

久々にカメの投稿です。
約1年前から飼育しているハラガケガメです。1年前・・丁度この時期におもわぬ臨時収入があり、飲み食いなどに使わず、物を残そうと考え購入しました。中米原産のカメですが輸入量が多いとは言えず割と高価なミズガメです。平均小売価格は6~12万といったところでしょうか。オス個体の流通が少なく、メスより高価な場合がほとんどです。ドロガメ科でハラガケガメとして1属1種に分類されています。MAXサイズが甲長15cmほどで大きくならないため飼い易く、非常に人気があります。私は是非ともこのカメを繁殖させてみたいと思い、まずはほぼアダルトのペアを購入。数日後にセミアダルトのペアを購入しました。なので4頭を飼育しています。
それぞれ別水槽で単独飼育しており、アダルトのペアは交尾させる時だけ一緒にします。当初オスはとても下手だったのですが、回数を重ねるごとにテクニシャン(笑)になっていき、メスも大人しく受け入れる様が見られました。去年の秋口から冬の間に10数回は交尾しています。交尾の結合時間は長いときで20分くらい。それまでじっとしていたメスが暴れ出すと体が引き離され、交尾終了となります。離れた時に精子が出ているのでしょう、水が白く濁ります。そんな訳でもし卵を産んでくれれば有精卵の期待が持てるので、メスの産卵専用水槽をセットしました。この冬ずっと室内にて無加温飼育してきており、ある程度のクーリングは出来ているかと思います。そんな簡単にはいくはずもないのですが、気温も上がってきましたし、抱卵すると普通に飼っているだけでも水中に産み落としてしまうこともあるミズガメですので、陸地を設けた専用水槽でがんばってくれればいいなと淡い期待をしている今日この頃です。
f0009758_9524235.jpg

f0009758_1159199.jpg

上がテクニシャンになった色男
下がけなげな色女です

by taro460616 | 2006-03-29 09:54 | 爬虫類 | Trackback  

飼育種紹介

私の持ち魚でカラシンネタについては、皆さんから本当に多くの書き込みをして頂きましてありがとうございました。とても楽しく、そしてかなりのところまで掘り下げた意見交換の場になったと思います。というわけで出尽くした感のあるカラシンに変わり、今回はポリプです。と言っても現在我が家には2種しかおりません(汗)。ウィークシーを紹介します。
ポリプテルスという魚は、自分の好みに合った個体を探すという点ではこれほどバラエティに富んだ魚種は他に見当たりません。顔つき・体色・柄の入り方に始まり、ある程度のサイズであれば雌雄判別が容易なことから好みの性別など、いざ購入する時は選ぶのに最も時間がかかる魚ともいえます。昔は複数いる中に際立ってレベルの高い個体が混じっていたりしましたが、今ではそんな個体にお目にかかることはまずありません。
今回ご紹介するウィークシーという種では、一般的にバンドの良し悪しが選別基準上最も重視されていると思います。バンド自体はエンドリのような太いものではなく、それが数多く入るものや、逆にほとんど無地に近いものなど様々です。そしてマニアが追い求めるのが逆Y字と呼ばれる、1本のバンドが途中で分岐してYを逆さにしたように入るバンドを持った個体です。さらにそれが左右で対象に入るものがベストと。これは現在においてはかなり高いハードルとなっています。我が家の個体はそんな基準でいくと満足出来るレベルで、購入当時ショップで見つけた瞬間は衝撃的でした。それでも左右対称の項目はクリアしていません。飼育開始から約5年です。成長は非常に遅く、大型個体をあまり見かけないのが頷けるポリプです。ただし、いじけさせなければじわじわと確実に成長を続けます。昨今の下顎突出系と違い、流通個体のほぼ100%がワイルドです。夢のバンドを持つウィークシーに出会えることを願いつつ、ポリプ第1弾でした。
f0009758_1157924.jpg

4/18 画像入れ替えました。

by taro460616 | 2006-03-14 11:58 | 熱帯魚 | Trackback  

今の姿

f0009758_16551044.jpg

以前ご紹介したアルマータスの新しい画像です。何度も話題に出た尾ビレや脂ビレの特徴がよくお解かり頂けるかと思います。さて、今入れている水槽での飼育も限界に来ているんですが、他に入れる所がなくどうしようかと考えている所です。ショップに逆戻りかも・・です。
一緒に買ったbicudaさんのは良環境で飼われ、うちのより遥かにデカクなってます。

by taro460616 | 2006-03-06 17:03 | 熱帯魚 | Trackback