大森町水族館

小さな観賞魚店の入荷情報発信と生体管理記録
カテゴリ:その他( 60 )
鋭意作成中
f0009758_22214760.jpg

当初は友人を頼りに作る気でいたホームページですが、当然のことながら自分でヤラなければその後の小回りも効かなくなるわけで、あんちょこ本を購入しコツコツと作業を進めています。
本屋でホームページビルダー教本のコーナーに行くと目移りするほどの品揃え・・。30分ほど吟味した結果、画像の本を購入しました。自分的には一番分かりやすい内容に感じたからです。家に持ち帰り、じっくり読み始めようと本を手に取ると著者の名前に目が止まり、「ん?これは!!」とびっくり。なんとこの「できる」という呼び名で知られているこの本の著者T.H氏、私のビリヤード仲間でした(^^) そういえば一緒に球撞いて酒飲んだ時にコンピュータ関連の記事を書く仕事だと言ってたのを思い出した(^^; それにしてもこんなベストセラーであろう本の著者だったとは・・ もう彼の家の方に足向けて寝れません(^^;
そんなことが分かると途端に気が楽になり、行き詰ったらTELかメールして教えてもらお~って感じで作成に取りかかりました。作業を進めていくと次第に本の完成度の高さを思い知らされ、「こりゃ聞くこともないな」と感じました。どの項目も非常に分かりやすく解説されていて、私のようなPC素人でも時間をかけていろいろ試しながら作業すれば必ずゴールに行き着くと思います。そんな訳で不馴れながらも地道に手をつけておりますので、まもなくHPのアップが果たせると思います。生体販売サイトとしての立ち上げを予定してますのでご興味のある方は何卒よろしくお願い致します。
by taro460616 | 2007-09-01 22:54 | その他 | Trackback
とうとう買いました
f0009758_14304127.jpg

先日、ついに自宅にパソコンを導入しました。ようやく我が家で心置きなくネット環境を持つことが出来ました。遅い・・
我が家のマンションには光が引き込まれていたので、Bフレッツ・光マンションタイプというやつで、工事費がタダとなるキャンペーン期間に合わせて施工してもらいました。
マシンは当初、DELLにしようと思ってましたが納期が最短でも半月かかるということで、HPにしました。構成はOSにWindows Vista Home Premium、CPUはAMD Athlon64X2(2.5GHz)、メモリは2GB、HDD250GB、スーパーマルチドライブ、TVチューナボード、22インチワイドモニタ、ワイヤレスキーボード&マウスといった内容です。HPやDELLは余計なソフト・アクセサリ類が同梱されないため、大手家電メーカーのPCより遥かにリーズナブルになっているようですね。今回PCを購入するにあたり、テレビも見れるようにするのが条件でした。我が家はテレビが1台しかないので、しばしばチャンネル権争いが生じます(^^; そしてTV自体も既に20年選手・・。そこで今回のPCはTVが見れるようにすれば一件落着というわけです。そんな理由でモニタも大きめの物にしました。
やっぱり新しい機械は快適ですね~(^^) 職場のPCはもう5年くらい前のモデルですが、それしか知らない自分にとっては特に不自由さを感じてませんでした。それが今回、何もかもが速いスペックを体感しちょっと感動しました(^^) 今度は職場でかったるくなりそうです。

晴れてPC導入を機に、現在新たな試みに向け始動しています。詳細は近日中にお伝え出来ると思いますのでもうしばらくお待ち下さい(^^)

PC講師のまぁくん よろしくね~(^^)
by taro460616 | 2007-08-18 15:09 | その他 | Trackback
渓流デビュー(第一部)
f0009758_11402693.jpg

先週28日(土)、当ブログにお越し頂いているガーラさんに連れられて自身の生涯2度目となる渓流釣りに行って来ました。場所は群馬県の根利川(ねりがわ)。対象魚はイワナです。渓流釣りは十代後半の頃、叔父に連れられて一度行ったことがあるだけで実質デビューのようなものでした。事前に渓流用の竿、ビク、ウェーダー等の道具を揃え気持ちだけは爆釣の予感満々で挑みました。
28日午前1:30頃自宅を出発。関越に乗り埼玉のガーラさん宅を目指します。途中環七でプチ渋滞にはまり、ガーラさんと合流したのが3時頃。駐車場でガーラさんの車に荷物を積み替え、早速出発です。関越に乗り、沼田インターで下ります。通りすがりにあったコンビニで鑑札を購入し、いざ釣り場へ。現地に到着し、ガーラさんは川の状況を確認。「じゃあ行きましょう」と釣り支度を整え川に入ります。するといきなり初心者の私には試練が・・ 川に下りるためには本来立ち入り禁止になっている金網の隙間から入るのですがそこを抜けると、おそらく川の水位調節のために設置してある設備の排水管があり、直径1mくらいの管から怒涛の勢いで水が排出されています。そこをガーラさんはヒョイヒョイと水の直撃を避けるように飛び越えて行きます。私はといえば、あの勢いの排水に突っ込んで足を取られないものか検討がつかず、ただでさえ慣れないウェーダーを履きたどたどしい足取りだったので余計足がすくんでしまいます。でもそこを通る以外道はないので思いきって歩を進めました。直撃を避けるようにホップステップでクリアしましたが思ったより水のパワーがなかったので一安心。そして川に辿り着き辺りを見渡すと、始めの一帯は舗装された堰堤になっていて、腰の高さ以上の段差があったりします。ここでまたウェーダーと腰回りに下げているビクや網により、上るのに一苦労させられることに。初っ端からへたれな自分には予想以上のしんどさでした(^^; ほうほうの体で川の流れに入り、ようやく釣り開始です。ルアー釣りのガーラさんとともにポイントを探っていきます。私は生餌でミャク釣り。ガーラさんはちょっと探っては場所を変え、またそこでも反応がなければ次と、テンポ良く上流で釣り上がっていきます。私はここでもまた慣れない体勢での竿さばきが上手くいかず、そこかしこにあるブッシュに穂先をかけてしまったりと何度も一人でオマツリをやらかします。ラインが0.3など極細仕掛けなので簡単に絡んでしまいます。釣ってるよりオマツリほどきと仕掛けの作り直ししてる時間の方が長かったような・・(^^;
そして次の試練は川へずり。写真を見るとお分かりのように小から大までの岩だらけの川です。上流に向かって釣り上がるには川に入るか岩づたいに歩くしかありません。そんなことは分かってはいたものの、これが予想より遥かに厳しいものでした。岩をつたっていくにもそのルートと、次に足を乗せる石の予測が未経験の私には立たないのです。やっとこさ狙った場所に辿り着いてもそこから次に足をかける石がなかったり、胸の高さほどもある岩をよじ登らなければ向こう側に行けないなどコース取りを間違えっぱなし。川の中を進んでも水が澄んでて底が見えるのですが思ったより深みだったりと散々で、釣り開始1時間足らずで一杯一杯の精神状況でした。ガーラさんに着いて同じコースで足を運ぼうにも、こっちは常に足元を見ていないと歩を進めず、そのちょっとした間にガーラさんは遥か先に行ってしまいます。その移動速度は冗談じゃなく仙人を見ているようでした。さすがだな~と感心しきりの私。
で肝心の釣りの方は・・・まったくアタリなし・・(-_-) 餌をキジ、ブドウ虫、イクラと3種を駆使します(してない)が魚の姿さえ見ることが出来ません。仕掛けが悪いのかポイントの取り方が悪いのか自分なりにあれこれ考えてやりましたが、結論は腕が悪いだけだなと・・(^^; ガーラさんも予想以上の悪状況に苦労してましたが午前7時頃、「釣れた!」と声がかかりました。見せに持ってきてくれた魚は20cmほどの極美ヤマメでした。生餌で釣れない私に対し、ルアーで釣ってしまうガーラさんの腕に感服です。
その後も釣り続けますが、前述同様歩くだけでもままならない私はほとんど釣りになってなかった気がします(^^; 足が疲労し岩を上がるのも辛くなり、滑りやすい濡れた石の上で踏ん張る力も衰えてきました。最後まで転ばなかったのが唯一の救いでしたね。そんな訳で正午頃までやりましたが私はオデコ。ガーラさんは先のヤマメ1匹という結果に終わり、残念ながら狙いのイワナを見ることは出来ませんでした。昼食をとりながらガーラさんが「川を変えましょうか?」と提案して下さったのですが、情けなくも自分には釣りを続ける体力・気力が残っていませんでした(><) すると「では地元に戻って熱帯魚屋でも回りましょうか?」と、この時の私にはガーラさんが仏に見える提案をして下さったのでした。
という訳で、なんとも厳しい洗礼を受けた渓流デビューでしたが、はっきり言って甘くみてました。渓流を。いつも通り単に魚釣りに行くというイメージでいたら大間違い。登山+釣りというのが正解でしょう。日頃運動不足でなまった体を四肢を使って何度となく持ち上げるのです。ビリーズブートキャンプより辛いと思います・・(私感)
何回も釣行を重ね経験を積むことで順応していけるのは分かります。「最初は僕も辛かったですよ」と言ってくれたことも頷けます。それでもガーラさん、あなたは凄いっス!
でも今はまだ「また連れてって」とは言えない・・
店回り編は第二部に譲ります。ハァ・・

景観抜群の川  でも見とれてる余裕など全くなかった・・
f0009758_11414091.jpg

遥か向こうでガーラさんが手を振ってくれてるのが分かりますか?(泣)
f0009758_11415655.jpg

へばって休憩中の僕の竿で試すガーラさん 彼はタフマンです
f0009758_11424631.jpg

ガーラさんの愛車 FC3S後期型
f0009758_11443093.jpg

by taro460616 | 2007-07-30 11:58 | その他 | Trackback
釣り(ヘラブナ)
7日(土)に久々の釣りに行って来ました。
釣りに出掛けるときはいつも夜中の1時~2時に出発します。そして場所にもよりますが現地に3時半~4時半着くらいを目指します。釣り座について仕度をしてると夜明けを迎えるといった感じです。
現地に着くと、濃霧・霧雨のコンディション。そしてかなり気温が低く半袖じゃいられないほど。
こりゃあんまり良くないかも・・
今回の仕掛けは、竿12尺・道糸0.8号・ハリス0.4号・上ハリス35cm・下ハリス50cmでスタート。タナは約3.2mで深宙のチョーチン。ヘラをやる人じゃなきゃさっぱり分からないと思いますが、一応エサも書き留めます。マッハ400cc・パウダーベイトヘラ200cc・浅ダナ1本200cc・ダンゴの底釣り夏100cc、これを粉のうちによく混ぜた後、水200ccで作ります。去年あたりからこの4種のブレンドが勝負エサになっていて、どこに行ってもいい結果を出せています。
午前4時50分釣り開始。両ダンゴで、ウキがなじんだら切るという早い手返しで30分くらい打っていきます。その後はなじんでからの返し、エサ落ちまで待つ。これで2時間経過しても触りすらない状況。同じ桟橋に乗っている他の釣り人も全く竿を絞りません。もじりも皆無。予想通りかなり不良なコンディションです。午前8時を過ぎても気温は変わらず肌寒く、おまけに雨も強くなってきました。雨はいいとしても低気温で魚の活性が低いのは間違いない状況です。それでも辛抱強く打ち続けていると、午前9時頃ウキにほんの少し変化がありました。触りと、モヤモヤが数投続きましたが、食いアタリがどうしても出ない。ダンゴを食い切れる状況じゃないと判断し、ハリスを変更。上20cm・下50cmと段差を付け、下バリも食わせ専用の1号とサイズを一気に落とします。そして食わせはオカメに。これで再開してからの僅か2投目、いきなり3目盛くらいスパっと目の覚めるようなアタリ!すかさず合わせると糸鳴りとともに引き込まれます。ようやく来ました。オデコを免れた安堵感で一杯になります。型は8寸くらいでした。ところがその後が続きません。再びウキはウンともスンとも言わなくなりました。天候も回復の兆しが見えず降ったり止んだりでず~っとどんよりした曇り。結局、上ダンゴ・下オカメのセット釣りで、ハリスの長さを何回か変えたりして最後まで通しました。17時半まで続け結果は5枚。疲れました~(><)
頭も使ったし、13時間以上ぶっとおしで体はコチコチでグッタリです。
これでも同桟橋で釣っていた6人の中では竿頭。3人はオデコで2人は1枚づつという釣果でした。こんな渋い状況でしたが、今回のデータを次回に生かしたいと思います。
それにしても疲れました・・。

一日中悪天候の中粘りました
f0009758_13482331.jpg

開始から約4時間かけて釣り上げた1枚
f0009758_13495512.jpg

by taro460616 | 2007-07-09 13:53 | その他 | Trackback
ゲームネタ
しばらく引きこもりとなるようなネタを仕入れてしまった↓
f0009758_1035792.jpg

ゲームキューブ用のメトロイド2作品。初代ファミコンのディスクシステムで初出した名作メトロイドから脈絡と受け継がれた進化版です。発売は2003年頃だからもう4、5年経っていて、当時発売されたことも知っていました。でもハードであるゲームキューブ本体を買うまでには至らずこれまで未プレイでした。それが去年の暮れに入手したWiiがGCソフトの互換性を持たせてあり、プレイ可能に。でもWiiのコントローラーには対応しておらず、GCソフトをやるにはコントローラーとメモリーカードを購入しなくてはなりません。いずれも安いものですがなんとなく「そのうち買おう」でずっと来ていました。それをついに購入!併せてメトロイド2作も同時購入したという訳です。
そしてもう一本!こちらも往年の名作ゼルダの伝説です↓
f0009758_10595663.jpg

ゼルダも初代FCディスクシステム版が初出。立ち上げた瞬間、タイトル画面で流れた音楽には感動したなぁ~。その後リンクの冒険、スーパーファミコン版などもやりましたが、マリオと並ぶ任天堂の看板タイトルだけにどの作品もハズレがなかったですね。最新のWii版も面白かったし。この手のアクションアドベンチャーというジャンルはホントに面白い。以前にも書いたけど、ゼルダや、バイオハザード、メタルギアソリッドなどのシリーズは時間を忘れて楽しめるゲームです。今度はプレステ3でMGSが出るんだよな~。それとみんなのゴルフ5。この2作品が出揃ったら本体買わなくちゃイカン。でも高いな~(><)
GCコントローラーはシルバーにしました(^^)
f0009758_11283561.jpg

by taro460616 | 2007-06-22 11:31 | その他 | Trackback
明日!
明日はいよいよ地元で開催される爬虫類・虫イベント「ビッグボルケーノ」の来襲です(^^)
去年の第1回の時から入場方式が先行と通常の2パターンになっていて、先行だと通常より1時間半早く中に入れる。その代わり入場料が数百円高い。でもこういうイベントとなると早く行きたいし、何より掘り出し物をGETするには悠長に通常入場などしていられない。特に虫の世界では早い者勝ちな物が多いそうだ。今回も一緒に行く友人が生粋の虫マニアなので、前回同様先行入場時間の30分前には現場に到着しようと思っている。
今回は、前回出店していなかった爬虫類ショップが大挙して勢ぞろいといった感じで、かなりの有名店が含まれている。行きつけのアライブをはじめ、EZ、九レプ前夜祭でお世話になった南関東亀連合さん、店主とは数年ぶりに会う厚木のアジアjp、他にも見てみたい店が数件含まれている。これだけの顔ぶれなら何かしらはお持ち帰りになるであろう面々である(^^;
ビッグボルケーノのレポートはまた来週書き留めます。
ビッグボルケーノ公式サイト
by taro460616 | 2007-06-22 09:49 | その他 | Trackback
イベントラッシュ!
早いもので九州レプタイルフェスタに行ってきてから一週間が過ぎました。
現地では常連のけろきさん始め、にたさん、どよーさん、HLスタッフの皆さん、その他初対面のマニアの方々に大変お世話になりました。この場をもってお礼申し上げます。
好きとはいえ、遠路はるばる九州までイベントに出掛ける気になったのも、やはりブログを通して知り合いになった方がいるからこそです。また来年も皆さんに会いに行こうと思ってます!
で、九州での収穫は・・・ 生体は何もGETせず。その代わりにTシャツ、帽子、キーホルダー、置物などのハチュグッズ収集に走ってました(^^;

そして・・九レプが終ったのも束の間、これから盛夏にかけて業界はイベント続きです。今のところ行く予定にしてるイベントをご紹介・・(^^)

6月2日・3日・・・「ワールドアニマルレボリューション」 これは東京都あきる野市にあるムツゴロウ王国で行われる総合ペットのイベントです。総合ペットといっても、エキゾチックアニマル系の色が強そうな告知になってるので楽しみにしています。珍獣、珍鳥を見れることに期待。ドゴ・アルヘンティーノ(アルゼンチン産の狩猟犬)の出展があるのも楽しみ。カメはいるのかな・・。

6月23日・24日・・・「ビッグボルケーノ」 これは去年の秋に第1回が行われた昆虫と爬虫類の合同イベント。我が家から超至近のお膝元でやるのが嬉しい限り。チャリで行っちゃうもんね(^^)

7月1日・・・「ブラックアウト」 初めて行きますが、これも今年で何回目かの昆虫と爬虫類の合同イベントらしい。全国で場所を変えて複数回行われることになってます。この日が関東での開催地で、さいたまスーパーアリーナです。

8月4日・5日・・・「ジャパンレプタイルズショー」 爬虫類イベントではまさしく大トリ的なビッグイベント。それも今年は世界のカメ展と題してカメの出品が多くなりそう(^^) 軍資金たっぷり持って行かなくちゃ(^^)

というわけで以上4つのイベントに参戦予定です。年々こういうイベントが多くなっているのは、それだけ愛好家人口が増えている証拠でしょう。一昔前まで爬虫類などは魚と比べると暗く陰湿なイメージが強かったと思いますが、ビバガをはじめ各専門誌の刊行数の増加により飼育開始きっかけのハードルが低くなったことが大きな要因になってると思います。専門店も増えたし。
そして爬虫類をやってる人って、熱帯魚から移行したってケースがいかに多いか・・。言い方を変えると、今爬虫類やってる人が過去にほぼ間違いなく魚飼ってたということ。これは魚が面白くなくなったからなのか、爬虫類の方が好きになるケースが多いのか分かりませんが、私のように魚も断ち切れず長年同時進行というのも多いと思います。でも気持ちはカメへのウェイトが大きくなってるのは事実。その要因を冷静に考えると、やはり夢の種・憧れの種が数多く残されている世界だからだと思うのです。大金をはたけばそういう種が入手出来ることもありますが、それ以前に輸入自体がない種がいかに多いか。洋書の専門誌などで写真を眺めるしかない・・「いいな~、カッコええな~」などと思ってるしかない訳です(^^; それが憧れに繋がります。でも思えば魚もそうだったんですよね。マンファリいいな~、と思っても上野の水族館にいるのを見てるしかなかった。それがついに入ってきた!でも200万する。欲しいな~と思い続けてる間にみるみる安くなっていく。ついには数千円で買えるようになった。これは嬉しいことです。ただ・・憧れではなくなってしまうんですね。この手の趣味はここの心理が大きい。憧れによって購入意欲、飼育意欲が高く保たれる。それが大量入荷によってアッというまに誰もが飼える種として普及する。最近、魚の方で起こった例としてはゴリアテタイガーなどはいい例だと思います。ゴリアテ欲しいと思ってる人、かなり減ったんじゃないかな~。こういうことが殆どないのが爬虫類の世界。逆に普及種が希少種になっていくことが多い。普及してた頃は粗雑に扱われたのが、希少になると大事に扱われ飼育環境もそれなりのものを用意してやる。数が少なくなれば価値(値段)も上がる。なんか骨董品の世界ですね(^^;
とは言え、安価だろうと高価であろうと生き物ですから、長年飼って自分が仕上げたとなればそれこそがオンリーワン。絶対手放せなくなります。ここだけは普及種、希少種の隔たりはないところです(^^)

おもいっきり横道にそれましたが前述の4イベント、ご都合の合う方は是非足を運んで一緒に回ったりしませんか(^^)
by taro460616 | 2007-05-21 12:06 | その他 | Trackback
行って来ました
GW前半が終了し今日・明日と仕事、後半の4連休も全休とはいかず二日間くらいは出ることになりそう(><) そんなことはいいとして・・4月29日群馬県太田市にあるジャパンスネークセンターに赴き、ペット爬虫類コンテストに参加してきました。
GWということで渋滞を避けようと29日の午前4時過ぎに自宅を出発。下道はガラガラで40分弱で関越入り口に到着。上に乗ってからも交通量は多いものの順調そのもの。北関東自動車道に入り終点の伊勢崎に6時過ぎに到着しました。スネークセンターには6時半に着き、隣接したこの日宿をとるホテルの駐車場に車を止める。7時からホテル内の食事処で、宿泊客に混じりバイキングの朝食を頂きました。8時に食事を済ませ、スネークセンター開園時間の9時まで仮眠をとります。開園後、園内をゆっくり見学。蛇皮を使った財布やバッグが売られている売店、大蛇館、毒蛇館、資料館などを見て回ります。印象は、全体的に非常に地味~な感じ(^^;古い開園以来、一度も改装された風もなく昭和時代の小さな動物園といった風情です。時間をかけて見た後、一旦外に出て昼食。そんなことしてたらコンテストの時間になりました。

今年の参加者は総勢43名。過去最高の人数とのことでした。我が出品個体はレイマニーでした。スネークセンターのあちこちに参加者の一覧が貼り出されており、それを見るとカメの出品は7人のみ。あとはヘビ・トカゲばかりです。カメも水棲ガメはうちのレイマニの他に、サルビンオオニオイだけ。あとはインドホシ、ビルホシ、ケヅメ、ギリシャ、ホルスと、リクガメばかり。開催場所がスネークセンターだけにヘビがとても多かったですね。コンテストは13時スタート。1人づつ順番にステージに上がり、2人の司会者と4人の審査員から個体を観察され質問責めを受けます。その間3分程度。途中休憩も入り、自分の番が来たのは15時近かった。快晴に恵まれたのは何よりでしたが日向は炎天下に近く、皆お疲れ気味でした。待ち時間中は日陰でお互いの出品個体を見せ合ったり、ハチュ話しに花を咲かせます。
審査項目は5つらしく①希少性②状態③馴れ具合④アピール度、もう一つ何だったか忘れましたが審査員の個人的好みか何だったかと思います。審査中、我がレイマニ子は首を元気一杯に伸ばし、司会者が「ちょっと地面に置いて頂けませんか」と言うので置いたところ、審査員席に向かってダッシュする始末。アピール度は満点でした(^^; そして審査員の1人、小森さんという方が「ちょっと見せて下さい!!」と言い、手に取って細かく観察されてました。この方は審査員の中で唯一カメがお好きなようで、お褒めの言葉をたくさん頂きました。他の3人の審査員はカメには全く興味なしの雰囲気・・。唯一出た言葉が「宇宙人のような顔だねぇ」と(^^;
そして15時半頃全審査終了。30分の休憩中に集計が行われ、16時から結果発表となりました。下位の賞から発表していきます。アクアマリン賞などの団体名の付いた賞が数本発表され、賞状と賞品が授与されていきます。ここまで自分の名前にお声はかかりません。「やっぱり上位はヘビが強いんだろうな~」と諦め気分。そして残すは3つ、上から最優秀賞、優秀賞、太田市長賞となりました。この3つは賞品ではなく賞金が渡されます。そして太田市長賞から発表・・・・・・ここでなんと僕の名前が呼ばれました(^^; 市長から丁寧に賞状を読み上げられ授与させてもらいました~。賞金の入った袋も(^^) カメでは唯一の入賞でした。遠出した甲斐があったな~。そして優秀賞は、同点で急遽2人が選ばれ、種は忘れましたがモニターと、ヘビのベーレンパイソンでした。最優秀賞もヘビで、種は多分ブラッドパイソン。これは圧巻のサイズに育った個体でした。おそらく3mくらいの体長に人間の太もも程もある胴回り。パワーフィーディングで育てた賜物であろうその個体は確かにオーラを放っていました。
というわけでレイマニ子は実質4位にあたるのかな。

暑い中、待ち時間の長さにいささか疲れたので宿のホテルに直行です。すぐに温泉に入り汗を流します。展望露天風呂が気持ち良かったな~。夕食も普通に美味しく、酒も進んで20時には就寝でした(^^;

最優秀賞の5万円は無理でしたが、無駄足にはならずに良かったと思う爬虫類コンテスト。交通費、労力的には最優秀賞を取らないと大赤字ですが、心ばかりの賞でも貰うことは飼育のモチベーション維持・向上に必ず繋がると思いました。来年も行くとしたら何を出そうかな~。エキパンを1年で更にパワーアップさせて出すか、ラティスでもいくか、はたまたその間に新顔をGETしちゃうか、などなど。でも来てる人、カメマニア少ないのがあまり面白くないんだよね(^^;

まだ誰もいない朝のステージ
f0009758_12301451.jpg

これが太田市長賞 ありがたや~(^^)
f0009758_12311797.jpg

f0009758_12313127.jpg

長旅、長丁場にもめげず頑張ってくれたレイマニ子 最大の功労者です お疲れ~
f0009758_12321142.jpg

午前中に行われた採毒実験で登場したタイコブラ
f0009758_1233770.jpg

by taro460616 | 2007-05-01 12:53 | その他 | Trackback
GWの予定
いよいよゴールデンウィークが始まります。どこに行っても混んでるので、休日出勤するか家でまったり過ごそうかなと思ってます。でも初っ端の29日(日)だけは出掛けます。行き先は群馬県にあるジャパンスネークセンター。ここでこの日、毎年行われている爬虫類コンテストが催されます。1ヶ月ほど前に出展の申込みをしまして、OKの返答が来ていました。スネークセンター自体初めて行くのと、今年からショップの出店ブースも設けられるようなので楽しみにしています。そしてこの日はコンテストが終るのが夕方近くになるのと、帰りの渋滞が予想されるためスネークセンターから徒歩3分という温泉旅館に宿泊予約をしました。コンテストに出す生体1頭を連れたままでの泊まりなのがちょっと心配ですがまぁ大丈夫だろうと。

久々の遠出に備え、土曜日は愛車デルタのプチ整備に行ってきます。エンジンオイル、ミッションオイル交換、各部の点検という内容です。いずれにしても今週末は暇を持て余すことにはならないだろう(^^)

たまには魚の画像を・・
f0009758_10122745.jpg

by taro460616 | 2007-04-25 10:13 | その他 | Trackback
新刊
本屋で見つけた本の紹介です。
生物写真家の内山りゅう氏が撮影したカメの写真集です。
ほとんど初出の写真だと思いますが、何点かは過去の出版物に載っていたものもあります。
購入の決定打になったのは、ラティスの初めて見る写真が載っていることでした(^^)
他にも綺麗な構図がたくさんあるので興味ある方はぜひ書店にて・・(^^)
f0009758_13262216.jpg

表紙
f0009758_1326518.jpg

f0009758_132767.jpg

ラティスのこの写真、初めて見ました
f0009758_13274356.jpg

カバーを取っても可愛い表紙
by taro460616 | 2007-04-02 13:28 | その他 | Trackback


by taro460616
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
自転車通勤始めました!
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
7年前のノコヘリカブト
from CHELIDPHILE
飼うぞ!熱帯魚
from 物知りになるサイト
taroさんのレイマニと..
from CHELIDPHILE
John宅のエクスパンサ
from CHELIDPHILE
ランチアの歴史
from 【大砂輪】
でかくなってきてますね〜。
from CHELIDPHILE
エクスパンサを飼ってる方..
from CHELIDPHILE
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧