カテゴリ:爬虫類( 72 )

 

エキスパンサが来た

約1週間前、我が家にやってきたカメをご紹介します。コウヒロナガクビガメという種で、これはナガクビ全般に言えることですが愛好家の間では「エキスパンサ」という学名呼びをするのが通例になっています。以前はその姿を本でしか見たことが無かったのですが、5年ほど前あるショップで見てから虜になり、「いつかは・・」と思い焦がれていました。おいそれと買える金額じゃないのが最大の壁でしたが今回、ショップの主に多大なる憂慮をして頂き、思い切って購入と相成りました。甲長約10cmです。以前飼っていた他種のナガクビとは全く違う顔つき、肌の質感、四肢の大きさ、そして甲羅の形とどれをとっても飼育意欲、所有感を満たしてくれるカメです。更にナガクビにはお約束の甲板ズレのない個体です。飼育開始から1週間・・その印象は・・泳ぎまくり、食いまくりです。ナガクビ最大種なだけに、同サイズのジーベンやパーケリーと比べ四肢の大きさが1.5倍ほどあり指間の水かきも面積がとても広いです。必然的に遊泳性も異常に高いらしく、泳ぎまくってます。同時にエサ食いも半端じゃなく、メダカ・スジエビ・コウロギ・小さいドジョウといったメニューを、魚では考えられない量を食べています。現在90の水槽で2/3以上の水深を取り、上部ろ過、パワーヘッドによる水流、流木の組み合わせによる足場といったレイアウトにしています。この1週間で既に成長線が確認できるほどで、あっというまに90では飼えなくなるような感じです。泳ぎまくりで水中の写真が撮れなかったので、こんな写真で恐縮ですが見てやって下さい。次回は甲羅とか載せます。
f0009758_13284064.jpg
f0009758_1329163.jpg
f0009758_1329978.jpg

by taro460616 | 2006-02-13 13:30 | 爬虫類 | Trackback(1)  

飼育種紹介5

今回は魚ではなくカメのご紹介です。我が家には2種のミズガメと1種のリクガメがおり、計8頭を飼育しています。その内の1頭、ホシガメについて書きます。日本で飼われているリクガメの中でホシガメが最も高い割合で飼育されてる種ではないでしょうか。そのくらいリクガメの中ではダントツに人気のある種類です。飼育としては、入荷直後のワイルド個体や極小のベビーは確かに調子を崩しやすく、気を抜くと手遅れなんてことが起こり得ます。でもある程度のサイズまで順調に育ってしまえば、とても丈夫で飼い易いフレンドリーなカメとなります。長年飼ってみてのポイントはやはり高温のキープと湿度ですね。ピンポン玉などと称されるベビーは特にこの2点が重要です。体が小さいだけに冷えやすいし脱水しやすいのです。うちではケージ内温度が28℃、保温スポット付近が35℃で湿度は60%を切らないように気をつけています。冬場は湿度が簡単に下がりますが、朝出勤前に床材(ヤシガラ)を湯で湿らせ、水場常設で夜の帰宅時60%といった感じです。エサは2日に1回にしています。以前は毎日やっていたのですが、どうしても食べ残しが出るのでこのサイクルにしたところ毎回完食し、摂取量も上がりました。エサはセオリー通り、小松菜・チンゲン・モロヘイヤ・人参といったところでたまにリンゴを少量混ぜます。ベビーにはそれに加えて3回に1回少量のドッグフードをトッピングしてます。これは動物蛋白補給の為です。ベビーから育ち、甲長が10cmを超えるようになるとより活動的になり、人の影を見るとエサ欲しさに駆け寄ってくるほどになります。
f0009758_1735313.jpg

by taro460616 | 2006-01-30 17:36 | 爬虫類 | Trackback