大森町水族館

小さな観賞魚店の入荷情報発信と生体管理記録
カテゴリ:爬虫類( 71 )
スッポン
人気のレア亀、マルスッポン残り1匹のみ大特価放出です。
ナイルも超お値打ちでスタンバってます。
f0009758_14151135.jpg

by taro460616 | 2011-06-03 14:15 | 爬虫類 | Trackback
マタマタ
ある程度まとまった数が入荷しても個体差に乏しいこのカメですが、今回1匹だけとても目を惹くのがいました。他個体は全て通常の茶色頭でしたが、コイツだけ明るいレモンイエローの頭部でした^^
f0009758_1710424.jpg

f0009758_17101885.jpg

by taro460616 | 2010-07-06 17:10 | 爬虫類 | Trackback
新入荷
ブランディングガメ

稀に見る極美個体を入れることができました。
f0009758_17122885.jpg

f0009758_17124263.jpg

f0009758_17125439.jpg


ニューギニアカブトガメ

珍しい柄入り個体 成長してどうなるか楽しみです。
f0009758_17153920.jpg

f0009758_17155925.jpg

f0009758_17161562.jpg

f0009758_17162625.jpg

by taro460616 | 2010-06-14 17:17 | 爬虫類 | Trackback
在庫生体
パステルクサガメ
色物クサガメとしては珍しい完品個体
f0009758_14321168.jpg

f0009758_1432232.jpg

f0009758_14323977.jpg

f0009758_14325450.jpg

by taro460616 | 2010-05-02 14:33 | 爬虫類 | Trackback
在庫生体
スッポンモドキ
f0009758_1435999.jpg

by taro460616 | 2010-04-26 14:35 | 爬虫類 | Trackback
カロリナ・カロリナ
現在一頭の仔ガメを育成中。カメとしては国内に古くから輸入されているアメリカハコガメだ。
種類はカロリナハコガメの基亜種トウブ。アメハコの飼育暦はトウブ、ミツユビ、ガルフ、ニシキとあるが、飼った数ではトウブが最も多い。その理由は・・甲の色彩が派手な上、無数のバリエーションがある魅力はもちろんだが、他の種に比べ顔つきが断然可愛い。ミツユビやガルフ、特にニシキは尖ったキツイ顔をしている。でもトウブだけは正面からべチャッと潰したような平らな顔で、可愛くもありマヌケ面だ。ベビーのうちはそれが特に顕著。
そんなトウブだけど久々に我慢出来ないレベルに出会いイッてしまった。
個体はもちろん今では主流の国内CB。アメハコのCBを飼うのは初めてじゃないけど、それでも2回目くらい。以前飼ったのはどの種も比較的大きいワイルドばかりだった。だから、アメハコに対し少し構える意識が未だにある。癖が強いというか偏食はするし、状態が長期に渡って一向に上がってこないなんてのが複数いた。まぁ当時の飼い方も悪かったとは思うけど^^;
ところが今回のベビーちゃん、導入の翌日から給餌を開始すると、人工だろうが生き餌だろうが選り好みせず何でもパクパク。そして体に似合わない大きなうんちをいつも3ヶ排出。こんな小さいのに、お腹が空いてると人影に寄ってくる始末。とまぁ、驚くほど飼い易い。
毎日ガンガン餌やって水換えして、まだ一週間だけど体感レベルで大きくなってる^^
綺麗になってくれることを願う今日この頃^^
f0009758_13403498.jpg

f0009758_13425736.jpg

f0009758_13431140.jpg

f0009758_13432266.jpg

by taro460616 | 2009-01-06 13:45 | 爬虫類 | Trackback
今年も行きます!
4月も残すところ10日あまり・・ 早いもので去年の関西、九州行きから丸1年が経ちます。
そして今年もやってきました。来月11日に国内爬虫類イベントの皮切りとなる九州レプタイルフェスタ!今年も前日の土曜日から現地に乗り込み、前夜祭で楽しい皆さんと大いに飲み、喋り、盛り上がれたらいいなと思っています^^ 福岡には気になる熱帯魚店もあるので今年は覗いて来ます。あと半月・・楽しみだ~^^ 当日は皆様よろしくお願いします!
九州レプタイルフェスタ公式サイト
by taro460616 | 2008-04-21 16:05 | 爬虫類 | Trackback
久々に・・
f0009758_0363791.jpg

今日はエキパン水槽の濾過槽を掃除して、ついでに明朝まで甲羅を干すことにしました。
すっかり安心サイズまで育ったこともあり、この冬はヒーターを入れず無加温でやってました。
といっても我が家の室温は暖房無しでも割りと暖かいので、一番寒い時で水温は15℃前後でした。この温度でもエサ食いはそれほど衰えず、投入したものは普通に平らげます。もちろん暑い時期に比べれば食う量や動きは劣りますが、かなりの低温にも十分な耐性があることを実感しました。でも万一消化不良でも起こすと嫌なので、エサの量は少なめで尚且つ消化吸収の良いもの与えてます。飼育開始当初からほぼ100%生き餌で育ててきたので、余計な脂肪など全く付いていないスマートな体型できています。唯一の人工餌はタートルプディング(HL謹製)で、これも非常に好んで食い付きます。厳寒期はこれがメインですね。
成長に伴い皮膚の脱皮は順調にしていますが、やはり甲羅はしぶといです。相変わらずレイマニのように気持ちよくパリッとはいかないですね。でも乾かすと古い角質がボロボロと浮いてくるので見た目には分からない感じで少しづつ剥けているのだと思います。↓こんな感じ
f0009758_0333998.jpg

ようやく春を迎え気温も上がってきたので、エサの量とメニューを盛期バージョンに戻していこうと思います。やはり一番好きなのは生きたスジエビで、これは他のエサよりも明らかに追い方が激しくなります。これにドジョウのSサイズ、たまに金魚・雑魚、そしてタートルプディングを併用といったところです。4月から10月までが成長を稼ぐ時期。この期間に豊富なエサと頻繁な水換えで少しでも成長を促してやります。今年中にはデカイ水槽での飼育に切り替えてやろうと目論んでいますが魚にも過剰に占拠されてる我が家の住環境・・とにかく頑張ります^^;
右顔
f0009758_051395.jpg

左顔
f0009758_0515819.jpg

動きまくるので全体像がうまく撮れません
f0009758_058325.jpg

頭幅がますます出てきました
f0009758_0554019.jpg

by taro460616 | 2008-03-12 00:58 | 爬虫類 | Trackback
見つけました^^
今回は本の紹介。ディープな品揃えの爬虫類ショップでは店主が自分の趣味用に和書から洋書まであらゆる専門書籍を持ってたりします。そういう所で何度か見て、欲しいな~と思っていた本がやっと手に入りました。以前、生物関連書籍では御用達にしている古書店の目録に載っていて、すぐに在庫確認したのですがタッチの差で売れてしまっていたという苦い思いをしたこともありました。でも今回は本屋でない所でたまたま売りに出ていたのを偶然見つけ、1500円という破格値で買うことが出来ました。
その本というのは、プリチャード博士著の「Encyclopedia of Turtles」 ATLASで有名なt.f.h社から‘79年発行された本です。
約900ページのとても分厚い本で、殆どが字(英語)ばかりで「読む」というまでには至りませんが、随所に織り交ぜられるモノクロ写真と、カラー写真による個体の紹介で十分楽しめる内容となっています。
f0009758_1018830.jpg

f0009758_10183651.jpg

大好きなラティスも出てます^^
f0009758_10211844.jpg

今でこそ日本でも広まったヨコクビ類
f0009758_10215946.jpg

極美のブランディング この♂ヤバイっす
f0009758_1022485.jpg

f0009758_1023485.jpg

定番の超レア種クビカシゲも
f0009758_10243220.jpg

象さんの絶滅種、フェルナンディナゾウガメなんてのも出てます 2段の鞍にビックリ
f0009758_10272934.jpg

途中のページに挟んであったルーズリーフ3枚。丁寧に和名でページ検索出来るように裏表にぎっしりまとめてありました^^;この本の前オーナーが手書きでこつこつと作ったのでしょう。頭が下がります。
f0009758_1031389.jpg

じっくり楽しめます^^
f0009758_10314796.jpg

by taro460616 | 2008-02-11 10:34 | 爬虫類 | Trackback
長男(女)誕生
レイマニの卵がついに一頭孵化しました(^^)
三日前に卵が二ヶ所割れていて、頭と足がちょっとだけ見えていました。その時の感じでは色艶は良かったのですが、なんというか生気が感じられない印象で、ダメかな~と思ってました。10/4に産卵し、卵が割れたのが12/13だから、ちょうど70日。孵化まで80~90日と見込んでいたので早過ぎるからダメだとも思ってました。でもそのままにしてたところ、今日ついに卵から完全に抜け出し、元気にハッチライトの上を歩き回ってました~(^^)
明日(今日)、湿らせた水苔を床材に別ケースに移してやろうと思います。ヨークサックが吸収され、お腹が完全に塞がったら浅い水を張ったセットに移行しよう。

孵化直後の個体の小ささを実感しました(^^)
f0009758_3105762.jpg

残る12個の卵達は外殻に全く変化ありません。やっぱり今回の長男(女)は少し未熟児なのかしら・・ 13男(女)まで無事に孵るといいな^^
f0009758_3142380.jpg

by taro460616 | 2007-12-16 03:15 | 爬虫類 | Trackback


by taro460616
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
自転車通勤始めました!
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
7年前のノコヘリカブト
from CHELIDPHILE
飼うぞ!熱帯魚
from 物知りになるサイト
taroさんのレイマニと..
from CHELIDPHILE
John宅のエクスパンサ
from CHELIDPHILE
ランチアの歴史
from 【大砂輪】
でかくなってきてますね〜。
from CHELIDPHILE
エクスパンサを飼ってる方..
from CHELIDPHILE
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧