ニロチカス 

f0009758_8554371.jpg

友人宅シリーズ第3弾です^^
うちで仕入れた2匹目の個体を持っていって頂いたナイルパーチです。当初6cm前後の幼魚でしたが3ヶ月半経った現在、約30cmです。タイガーフィッシュ同様、その成長させる力量には感服します。すでに3m水槽でタイガーと同居してます。今後さらなる速度で大きくなっていくんでしょう・・。飼い主の目論んでいるアフリカ一色の水景が完成しつつあります。
この個体は幼魚時から独特の体型をしており、非常に小顔なのが印象的でした。眼から吻端にかけてシャープに絞り込まれており頭部から後ろにかけてグッと盛り上がるという、ナイジェリア産パーチ(いわゆるグレートナイル)に比べて体高の出るニロチカの特徴をさらに強調したフォルムを示しています。そして私的には一番の拘りどころである雲状斑(明色部)の抜けぐあいも最近の個体としては平均点以上。極美の成魚となるのが楽しみです。‘90年台初頭の頃はこれでもかってほど白抜けした個体を見かけたものですが、最近はそこまで綺麗なのはほとんどいなくなりました。確かに大きくなると幼魚ほどのメリハリはなくなりますが、それでもニロチカは焦げ茶と濃い金色のツートンの体色が少なからず残ります。
そしてニロチカ独特の頭を下げながら遊泳する様は、この魚を飼って良かったと感じるところです。獲物を真上から捕らえるシーンにも痺れます。でもその習性を考えると、60cmなどのサイズに育ったら水槽の高さは最低でも90cmとか必要なんだろうな・・
とにかく、この3mの住魚は羨ましい。

by taro460616 | 2008-03-31 09:38 | 熱帯魚 | Trackback  

トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/7761733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年も行きます! Hydrocynus vitt... >>