アヒル吻

今回はマンファリねたで・・。

昔ガーに傾倒してた頃、ガー全種コンプリートを目論みましたが全てのL属を従え、A属のコレクションでアリゲーター、トロピクスとイッたところでさすがに息切れ。マンファリの初入荷価格は200万で、アリ・トロの購入合計額を優に上回るそのプライスは僕には手も足も出ない憧憬魚でした。
その後、例によって徐々に値崩れしていき、なんとか買える相場に落ち着いた時も、飼育中だった極太トロピクスで欲求は満たされており手を出すには至りませんでした。そしてベビーの大量入荷。まさにアリゲーター、トロピクスと全く同じパターンの流通経緯となり、これで一気にトーンダウン。でも決して嫌いではなく、それどころか上野で泳いでいたマンファリに長年憧れ続けたくらいなのでそりゃもう飼ってみたい魚でした。しかしその望みは初入荷した時がピークで、それ以降はその意欲が薄れていった記憶があります。それには前述のとおり、飼育していたトロジャンが、自分的にはマンファリいらずの思いにさせてくれる魚だったことが大きかったと思います。
そんな訳で、とうとうマンファリは一度も購入したことがない僕でした。それが一ヶ月ほど前、立ち寄った店に引き取りで入ったというマンファリが一本泳いでいました。ロクに餌ももらえていないらしく、水槽の前に立つとしきりに餌くれダンスを見せる個体でした。そして正面を向いた時に上からそのクチバシを見て「・・!!!」^^ マンファリの吻部といえば、初入荷当時来たワイルドと思われる個体は全てあの上野で見たのと同じような幅の広いクチをしてました。幅が広いといっても重要なのはクチバシの形状。今でも大型に成長した個体では、「おぉ~、クチ太ぇ~」と思わせるのがいますが、クチを上から見た時に根本が太く、先に行くに従って直線的に細くなる先細りの、いわゆる二等辺三角形のがほとんどです。ところが上野の個体など昔のやつは、クチの胴部分(真ん中)が最大幅となる楕円形だったのが脳裏に焼きついてます。アヒルのクチのように湾曲したラインを描くクチこそマンファリの醍醐味だと僕は思っています。そんな理想に近いマンファリをこの時見つけたのでした。それで一も二もなく連れ帰ったのですが、昔の個体を見ている者にとっては懐かしささえ思い起こさせる佇まいを持っている「萌えマンファリ」です^^

現在35cmほどの個体で、デカクしたときの姿が楽しみです
受けている下顎が広い為、歯が両サイドむき出しになっています
f0009758_22153176.jpg

f0009758_22155059.jpg

f0009758_2216520.jpg

by taro460616 | 2008-02-26 22:18 | 熱帯魚 | Trackback  

トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/7554939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< お化けパクー 抜きエンドリ >>