飼育種紹介5

今回は魚ではなくカメのご紹介です。我が家には2種のミズガメと1種のリクガメがおり、計8頭を飼育しています。その内の1頭、ホシガメについて書きます。日本で飼われているリクガメの中でホシガメが最も高い割合で飼育されてる種ではないでしょうか。そのくらいリクガメの中ではダントツに人気のある種類です。飼育としては、入荷直後のワイルド個体や極小のベビーは確かに調子を崩しやすく、気を抜くと手遅れなんてことが起こり得ます。でもある程度のサイズまで順調に育ってしまえば、とても丈夫で飼い易いフレンドリーなカメとなります。長年飼ってみてのポイントはやはり高温のキープと湿度ですね。ピンポン玉などと称されるベビーは特にこの2点が重要です。体が小さいだけに冷えやすいし脱水しやすいのです。うちではケージ内温度が28℃、保温スポット付近が35℃で湿度は60%を切らないように気をつけています。冬場は湿度が簡単に下がりますが、朝出勤前に床材(ヤシガラ)を湯で湿らせ、水場常設で夜の帰宅時60%といった感じです。エサは2日に1回にしています。以前は毎日やっていたのですが、どうしても食べ残しが出るのでこのサイクルにしたところ毎回完食し、摂取量も上がりました。エサはセオリー通り、小松菜・チンゲン・モロヘイヤ・人参といったところでたまにリンゴを少量混ぜます。ベビーにはそれに加えて3回に1回少量のドッグフードをトッピングしてます。これは動物蛋白補給の為です。ベビーから育ち、甲長が10cmを超えるようになるとより活動的になり、人の影を見るとエサ欲しさに駆け寄ってくるほどになります。
f0009758_1735313.jpg

by taro460616 | 2006-01-30 17:36 | 爬虫類 | Trackback  

トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/563643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< アルマータス 飼育種紹介4 >>