小林にて

昨日はメチニスでも探しに、銀座のパウパウでも行こうかな~とクルマを出したんですがあの界隈はマラソンによる大交通規制をやってることを思い出し却下。久し振りに品川の老舗「小林熱帯魚」に行ってみました。前回行ったのは去年の11月頃だったのでかなり久し振りとなります。店に着き、店内に入ると何か違う感じ。その原因は大型水槽がほとんど撤去されてしまってることでした。マスターに聞くと、もう大型水槽の管理は重労働だから辞めるとのこと。確かに一代で40年以上も店をやってきて年齢的にも体力的にも厳しくなってくるのは当然かなと思います。また一軒老舗店が確実に終焉に向かっているのを感じとても淋しくなりますね。
そしてわずかに残された大型水槽にお目当てのメチニスが泳いでいました。そのメチニスを見て、「さすが小林」と思いました。どれも滅多にお目にかかれないサイズに成長しています。当然値段は付いてませんが、手始めにマスターとメチニス談義すること30分、「で、マスターいくらで?」と問いかけます。いつも良くして頂いてるとおり今回も格安で分けてもらえました。ベビーサイズの通常価格と変わりません。ここのマスターは気に入らない客には絶対魚を売ってくれませんが、ある程度の知識を持ってる人や、初心者でも真面目に飼育に臨む姿勢が感じられる人には気持ちよく売ってくれます。ま、それでも昔よりは全然丸くなりましたが・・(^^;
そしてその中から良好な発色を見せているバンデッドメチニス2匹を選び持ち帰りました。
メチニスとは、観賞魚界ではこの系統の総称のような感じになってますが、大別すれば2属に分類されます(コロソマ、ミロソマを別にして)。Metynnis(メチニス)属と、Myleus(ミレウス)属ですが、私は脂ビレの小さいミレウス属の種が好きです。魚体全体の作りがピラニア同様のセルラサルムス亜科に分類されるにふさわしい雰囲気を感じるからです。メチニスコレクションも8匹となり、水槽のサイズアップを考えています。

f0009758_1059532.jpg

f0009758_10592012.jpg

by taro460616 | 2007-02-19 10:59 | 熱帯魚 | Trackback  

トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/4641100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 食欲満点 冷凍エビ >>