ソバージュ

去年の5月に購入したソバージュネコメガエル。
二回りほど大きくなりましたが、とにかく成長が遅い(-_-) 
これまで飼ってみて、飼育のキーポイントはやっぱり給餌。ベルツノやバジェットのように半水棲種は、エサ金や昆虫など入れればすぐ食らい付く。でもこういう乾燥系のカエルの場合、ピンセットで口元に持っていく、ミルワームなどを入れた小皿を常設する、ケージ内にコオロギを放しておくなど、いくつかの方法があると思いますがどれもイマイチな感じなんです。
理由としては、まずこのカエルの習性。うちの場合、ケージをレプロケース60を使っており、内部に専用の吊り下げタイプの蛍光灯を設置してます。そしてカエルの居場所がその蛍光灯の端っこの上部と決まってます。2回/日やってる霧吹きで刺激を与えても全く動じない。いくら下に移動させても30分後にはこの場所に戻ってしまいます。そこまでの足場はないのですが、ケージの壁面を登っていきます。いつ見ても100%この場所にいます(^^;知能があると感じますが、この場所だとエサのコオロギを放したところで食える場所じゃないので、いつも乾燥に耐えきれず死んだコオロギが下に散乱するだけ。ワーム入りの小皿を置いても減る気配なし。結局いつもピンセットでコオロギを口元に持っていく給餌になっています。このやり方でも食べる時と食べない時とまちまち。飼育開始から2、3度ケージ内レイアウトを変えたりしましたが、いまだにベストな環境がピンとこない。温度も28℃前後で冷えてるわけじゃないし・・。食欲のムラだけは何とかならないかな~。調子は悪くないんですけどね。手の平サイズなんていつになることやらです(^^;
f0009758_11403820.jpg

f0009758_11405654.jpg

by taro460616 | 2007-02-16 12:04 | 爬虫類 | Trackback  

トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/4617477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冷凍エビ 水中にて >>