WHにて

WHを覗いてきました。
目当ては新入荷のナイジェリアのエンドリとラプのチェック。どれも悪くなかったがサイズが微妙。15~20cmで我が家の水槽ではペーシュに咥えられる危険性がある。エンドリで1本気に入ったバンドのがいたんですが辞めときました。
改めてナイジェリア産をじっくり見てきましたがその寸評を。まずエンドリ。ギニアに比べて顔の前後長が短くてより扁平。胴もいくらか寸胴な感じ。バンドは本数が多く、くっきりと入る傾向が強く、ギニアによくいる側線部分でバンドに筋が入り途切れてしまうようなのが少ない。体色は昔からグレー系。
ラプは、ギニアほど顔が潰れておらず筒型。目も大きい。より童顔に見える。体色はエンドリ同様グレー系が多く、ギニアほど柄の濃淡がはっきりしていない。ギニアは地色が赤茶系が多いので柄がより浮き立つのだろう。
と、こんな感じかな。どっちがいいかは好みだけど、飼い込んでデカクしたときはどちらも相応の良さを持ちますね。
ワイルドポリプの飽くなき探求は続く・・・(^^)

by taro460616 | 2007-01-23 17:06 | 熱帯魚 | Trackback  

トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/4416709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 扶養家族のために ハラガケ >>