食わん・・

週末土・日はずっと家に居ました。マラソン、ゴルフのダンロップフェニックス、マイルチャンピオンとテレビ鑑賞しながら、ちょこちょことレイマニの相手をしてました。相手というか給餌を色々と試してみました。結果から言ってしまうと・・これから長い戦いになりそうです(T_T) かなりハードルの高い飼育に踏み込んだようです。そこで今後、レイマニの飼育で行き詰まるであろう方に少しでも参考にして頂けるよう、経過を細かく報告していきたいと思います。それが出来るまで落とさなければ、の話しですが(^^;

土曜日
導入時、水槽等が中古品とはいえセットしたてだったので水換え実施。その後、牛ハツ(冷凍)の1cm角大を投入。熱帯魚用に市販されている滋養が添加されたものです。鼻先に落としたところ、すごい反応・・入れた瞬間から彼女の目は牛ハツに釘付けです。そしてパクっと行きました!!が・・GETできず(><) エサ取り自体もエキパンとは正反対でとても下手です。原因としては、「パクっ」の時、あまり口を大きく開けないことですね。これじゃ生き餌なんか食えるわけないや・・。そして一回でGET出来なかった牛ハツ、その後臭いは嗅ぎに行きましたが食おうとはしませんでした。牛ハツに関しては翌日曜日も試し、ピンセットで目の前に持ってったりしましたが断固として口にしてくれませんでした。

日曜日
レイマニ水槽に30個ほど入れてあるタニシ。どれも1~1.5cmの大粒です。水槽の全面を日夜掃除してくれてますw この数日見た限り、これを捕らえてバリバリと食べるようなことは絶対になさそうです。そこで、1個砕いてみました。底面にいたやつをそのままプレスし、グシャっと・・。中の身と汁が適度に露出し食欲をそそるかな、と。そして鼻先に・・。臭い嗅ぎました。そして・・プイッ(T_T) 気に入らない様子。次はタニシを取り出し、千枚通しを使って中の身を取り出しました。タニシをこんなことするのは初めてですが、じっくり手にしてみて意外に感じたのは殻が想像以上に硬い。小粒のものと違って指で潰せるような外殻じゃありません。プレスした時も確かにかなりの圧をかけなければ潰せませんでした。こりゃカメじゃワニかカミツキでもなければ潰れないだろ、って感じ。で、身だけになったものを鼻先に落としました。無反応・・。ダメだこりゃ。

とこんな訳で、摂取物なし。同居してるスジエビ、ドジョウの数にも変わりはないし・・。さて次はどうしようか・・。期待薄ですがキャットやレプトミンを試して、魚の切身、店でやってたという牛肉の赤身、ピンクマウスかな~。牛肉の赤身を食ってたというのは、牛ハツに示した反応を見る限り、好みなのかもしれません。この辺がヒントなのかな。あとは、小さな単体のエサではなく、魚なら丸ごと1匹や牛肉ならある程度の大きさの1枚丸ごとなどを与えて、少しづつ齧り食いするのを狙うかな。実際に自然界ではこういう摂餌が多いだろうし・・。でもこれだと餌やりの度に水換えだなw その他、リクガメに与えてる葉物の野菜類や果物なんかも試す価値はあるのか・・。ま、ただでさえ神経質な種の上、出来上がってしまってるアダルト個体を手にした宿命ですかね。
今後も色々と試行の上、報告します。はぁ~(-_-)

by taro460616 | 2006-11-20 10:51 | 爬虫類 | Trackback(1)  

トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/3842156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 物知りになるサイト at 2006-11-21 19:22
タイトル : 飼うぞ!熱帯魚
先日友人から熱帯魚の飼い方について教えて欲しいと言われたので、熱帯魚の飼い方について簡単にまとめてみました。... more

<< 食いました レイマニの経過 >>