大森町水族館

小さな観賞魚店の入荷情報発信と生体管理記録
肺魚
今回は古代魚中の古代魚、肺魚のネタで。
昔から肺魚は好きな魚種だ。ドロイだけは経験ないが、エチオ、アネク、アンフィは各々複数個体を飼育した。結局飼い切ったといえる個体はいないが、成長に伴う体色の変化や長期飼育になるとエサを与える飼い主を朧げながら認識する様、そしてあの独特の摂食形態など存分に飼育を楽しんだつもりではある。
以前は珍・怪系の花形だった肺魚も昨今は業界で完全に見放されている感がある。価格の暴落や単独飼育必須など諸々の要因はあるだろうが寂しい限りだ。ポリプも同じ様相を追従してる気もするが、あれは複数飼いが出来るから肺魚程は低迷しないかな・・。しかし古代魚の人気が全般的に落ち込んでいるのは明白だろう。
その要因としてあくまで個人的な意見としてだが、出回り過ぎということに尽きると思う。こだわるマニアは自分の好みに合うものだけを集めるから、まだまだ「俺の一匹」への探求心を持っているはずだが、当然古代魚飼育者の全てがそういうマニアなわけではない。むしろ形や顔つきなどは気にせず種名のみで求める人の方が大多数だろうと思う。もちろん魚に使える予算の問題でも、好みの個体には糸目を付けない人より、あくまでリーズナブルに楽しむといった人の方が断然多かろう。だからこそグリーンアロワナやブリードポリプの需要があるわけだ。しかしながら現在、そういった全ての飼育者の需要を供給が上回ってしまった状況が見てとれる。長らく熱帯魚界を楽しんできた者としては麻痺していて気付きにくいが、冷静に考えればペットとして古代魚のような大型熱帯魚を飼っている人というのはごく一部である。反面輸入されてくる大型魚の数は膨大だ。それは昔からすれば夢のようなことだが、日本各地の河川などにこういう熱帯性大型魚が普通に泳いでしまっていることも昔では考えられないことだ。流通事情の発展の結果といえばそれまでだが、愛好家に応えるべく尽力した輸入業者の力は計り知れないものがあり、需要を満たすどころか供給過多になるところまできているということかもしれない。
そんな状況ではあるが逆に、輸入されなくなって久しい魚種も多々いる。その一つが今回のお題となる魚^^
P.アンフィビウスだ。この魚は輸入元が一つと限られているのは有名なことだが、前述の肺魚人気低迷からか長らく輸入が途絶えている。長々とした前置きとは逆の話になるが、来なくなれば欲しくなるのもマニアの常。かく言う自分もアンフィは手にしたくなっていた。
そしてようやくGET↓
f0009758_18101453.jpg

あちこちの店頭に見られた頃は素通りしてたくらいなのに、こうもいなくなると一転して「愛いやつ」となる。
我が家は数匹の魚で既に飼育スペースが限界で、店の水槽で飼育&販売中^^「飼育」のウェイトの方が大きいけど・・^^; 癒し魚の元祖はコレ。デッカクしてみよう。
f0009758_18162856.jpg

f0009758_18164651.jpg

by taro460616 | 2009-07-26 18:22 | 熱帯魚 | Trackback
トラックバックURL : http://taro0616.exblog.jp/tb/11604660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 巨人×中日 金魚 >>


by taro460616
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
自転車通勤始めました!
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
デジイチ(デジタル一眼レ..
from Double Espress..
7年前のノコヘリカブト
from CHELIDPHILE
飼うぞ!熱帯魚
from 物知りになるサイト
taroさんのレイマニと..
from CHELIDPHILE
John宅のエクスパンサ
from CHELIDPHILE
ランチアの歴史
from 【大砂輪】
でかくなってきてますね〜。
from CHELIDPHILE
エクスパンサを飼ってる方..
from CHELIDPHILE
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧